FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
そろそろ移転1年。神保町「鶴八」訪問。
火曜の夜は、神保町「鶴八」。夕方電話すると「鶴八最後の弟子」が出て、「久しぶりですねえ」と。そんなに空いたかと後で調べると、前回は1月末。まあ、久しぶりか(笑)

席は空いていたので仕事帰りに早速入店。カウンタはまだ先客一組のみ。親方と相撲談義など。先場所、14日目と千秋楽に大阪遠征した話をすると、「鶴八最後の弟子」が「三本締めやったんですか?」と聞いてきた。

いやいや、現場で優勝インタビューを寿ぐ雰囲気の最中、白鵬が「では、皆さん、三本で締めましょうか」と言ったら、それは皆やるでしょう(笑) ただ、最後の出世力士手打ち式まで来て、館内放送で三本締めが告げられると、「あれ? さっきやってしまったじゃないか。白鵬しょうがねえなあ」とは思った(笑) 石丸親方は初代貴乃花と同年という、古くからの相撲好きなので「万歳でも注意を受けたのに、あれはちょっと」と渋い顔であった。

まず菊正の冷酒。お通しは蛍イカ。

つまみはまずカレイから切ってもらう。かなり大きな個体。「もう美味いのが出てるんですよ」と親方。ヒラメとは違って脂ぎっていないカラっとした爽やかな旨さがある。

塩蒸しも香りよし。アジもふっくらした身肉に爽やかな旨さ。トリ貝はもう大きくなりましたかと聞くと、「もう旨いですよ」と。大きいので1枚分でと切られたトリ貝は、実に肉厚で果実を思わせる甘い酸味あり。漬込みのハマグリもつまみで。

つまみを頼みつつお酒のグラスを重ねて、親方やら女将さんとあれこれ雑談。

店のほうは、途中で入ってきたお客さんの名前が予約帳と違うということでちょっとドタバタ。「新橋鶴八」を継いだ元分店を予約したお客さんが間違えて入ってきたようだ。ニュー新橋ビルで、お互いの店が近かった時はよくあったが、神保町と新橋で間違うというのは珍しいか。

そうかと思うと隣のお客さんは、本家「新橋鶴八」が分店に暖簾を譲って神保町に移転した事を長く知らず、閉店となっているのでびっくりして調べて、神保町まで辿り着いた由。間違う人いれば辿り着く人あり。Life goes on(笑)。

ニュー新橋ビル、前の「新橋鶴八」の場所は、居抜きで新しいテナントが入ったらしい。寿司屋だが昼はラーメンを出しているという怪情報あり。一日二期作の寿司屋なのかな。覗きに行きたいが、あそこはうかつに近づくと中国マッサージのおねえちゃんが近づいてきて面倒臭いからなあ(笑)

「鶴八」は、GW中も豊洲市場の休市日以外は営業するとのこと。 「きっと暇だからドンドン来てください」と親方。そんな話をしていると親方はカレンダーを見て、「来週、4月9日が、ここ神保町に戻ってきて1周年の日なんですよ」と。1年は早いものだなあとしみじみ。去年、私が来たのが4月10日。移転開業2日目に訪問した記録が過去ログにも上がっている。

元号の話や桜の話も盛り上がったが、たいがいの所でお茶を貰って握りに。中トロはなかなか旨い脂が乗っている。コハダは、まだ大丈夫だとのこと。ネットリと〆た独特のもの。アナゴは煮汁をかけて軽く炙って供する。これも鶴八独特の仕事。最後はカンピョウ巻で〆。「鶴八」伝来の味をのんびり楽しんで、神保町駅から家路に。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する