FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。

先週の金曜日は「新橋鶴八」。ちょっと前に入れる日が無いか、携帯にメッセージ送っておいたのだが返事が無い。空きが無いのかと思っていたら、木曜になって、「明日6時に予約承りました」」と五十嵐親方から返事があった。どうせ、大常連O氏が来る日に合わせたなと思ったが、なかなか予約も取れないので、当日に一応入店。6時前なのに、一番奥には、やはり大常連O氏が既にトグロを巻いているのだった。

しかしお会いするのは結構久しぶり。この前「食べログ」の「新橋鶴八」のレビューで、「常連の方がいたので店の雰囲気が居酒屋だった」と書かれていたのはOさんの事じゃないですか? などとご挨拶。親方によると違うというのだが、本当かな(笑)

冷酒を貰って始めてもらう。別におまかせでとは言っていないのだが、いつも店のペースで勝手に出してくるのが困る所なんだけどなあ。お通しはホタルイカ。この時期どこで食しても旨い。

しばらくして右隣に来られたお客さんは、以前にもここでお会いした事あり。大阪に居た時はこのブログの寿司日記をずっと読んで頂いていた由。O氏も入れてあれこれ五十嵐親方と雑談しつつ。やはり雰囲気は居酒屋みたいになる(笑)私自身は、寿司屋で常連面をして親方に話し続けて、他の客の迷惑になるのが嫌いだから、「しみづ」や「鶴八」ではなるべくおとなしくしているけれども、この店で横にO氏がいてはねえ(笑)

まずカレイ。縁側も。ヒラメとは違う軽やかな脂。旨味もあり。茹で上がったばかりの大振りなタコ。切り付けるとまだ水分が出てくる。本当はもう少しおいて蒸したほうが良いのだろうが、実に香りが良い。茹で上げを食すると、冷蔵庫に一度入ったタコは食いたくなくなるほど。

カツオは、腹の部分と背の部分と。生姜醤油で。まだ九州の産とか。春先らしい軽い脂に爽やかな風味。アナゴの一夜干し塩焼きは、この時期煮るよりも、酒のつまみに好適。漬け込みのシャコも貰う。カツブシという卵持ちを好む人もいるが、私はこの日のような卵無しが好きだなあ。酒盗が少し最後に出て、つまみ終了。

日本酒は2杯飲んだが、O氏がまだ飲んでるので、焼酎水割りに切り替え。ここからおまかせの握りに。

カレイ昆布〆は昆布が染みて、カレイの旨味が引き立つ。米の甘味を残したフックラした酢飯も具合が良い。アジも肉厚で脂が乗る。サヨリはそろそろ季節終わりではと思うが、肉厚で立派な身に旨味が乗る。コハダも既にかなり大きいが片身をつけてスッと真ん中に切れ目を。肉厚でネットリした鶴八伝来の旨さ。中トロも1貫。最後は漬け込みのハマグリで〆。「鶴八」伝来の仕事はきちんとここに残っている。酔っ払ったので、O氏のカラオケへの誘いを断って、タクシー帰宅。

そういえば、五十嵐親方が、ブログに書いて誉めてほしい事を、なんだか言っていた記憶はあるのだが、隣に大常連O氏がいて、長い時間、余計な話ばかりしていると酔っ払ってしまうので、ハテ、何の話をしていたかスッカリ忘れてしまった。何だっけな。今だって十分誉めているのだが。

「しみづ」で1時間ちょいの滞在だと、何が出たか、何をしゃべったかクリアに覚えているのだが、この店でO氏がいると飲み過ぎるので食したものさえ、貰ったメモを見ないと何も思い出せないのだった(笑)

2019041609354166f.jpeg



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する