FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
平成最後の西大島「與兵衛」訪問
先週の週末は、西大島「與兵衛」。前の木曜日に電話して日曜の席を確保。

カウンタには4組7名。隣は前「新橋鶴八」やここでも何度かご一緒した事のあるK氏であった。鶴八系には行ってますかと問うと「神保町」には定期的に。しかし後を継いだ「新橋鶴八」元分店は、人気で予約が取れず、電話しても出ないので、もう行かないとの事であった。まあ確かに事前に空いているか問い合わせのメッセージを携帯に入れても、キャンセルが出た時に、ようやく返事が返ってくる程度だものなあ。

「本日の大吟醸」は「松の司」。米の甘味を感じるトロりとした飲み口だが、香り良く後味は爽やか。

まずお通しの一皿。結構大きなアワビを切り付けているので、房総はまだ解禁では無いのではと聞くと、青森の産とのこと。しかし蝦夷アワビや黒アワビではない。探せば色々あるものである。

エビ頭づけ、ホタテ煮浸し、カレイ縁側の甘酢漬け、青森のアワビ塩蒸し、その肝、シャコ漬け込み、マグロ赤身漬け。今回のお通しは量も多くなかなか豪華である。

お通しが結構で酒が進む。お代わりは、十四代本丸、醸し人九平治と。

適当な頃合いで全員握りに移行。

まずマグロづけ。本マグロでなくても、キハダやメバチでもきちんと仕事すれば旨いんだとは鈴木親方談。確かにこのマグロづけは独特の旨味あり、硬めに炊かれたここの酢飯にもよく合う。

カレイ甘酢づけは、一味唐辛子とアサツキを噛ませる。ごま醤油づけはわさびで。もうスミイカは終わりとのことで、白イカのづけ。

ここの必殺技、シマアジはづけにして皮目を焼霜にしてから薄切りにし3枚つけて握る。他の店にはどこにも無い握り。エビは、細巻と巻エビの中間だとか。甘酢を潜らせ、オボロを噛ませる。

北寄貝は今回お休み。甘酢に潜らせた平貝。これもあっさりした旨味。ここで青柳が出るのも珍しい気がするが、北海道と言ってたっけ。

ここから光り物に。カスゴは軽い〆。淡い旨味の身がほろほろと崩れる。コハダはしっかりした旨味。イワシはまだ小さいのだが、身肉にはネットリした脂の旨味が乗る。

ここから煮物。漬け込みのハマグリ。白醤油で煮上げた後、温かいまま温度管理したフワフワのアナゴ。どちらにも古式を残す風味あるツメを塗って。最後は玉子で一通り終了。

親方やK氏ともあれこれ寿司談義やら雑談やらして実に面白かった。平成最後の與兵衛の寿司。どこにもないオンリーワンの魅力を堪能。令和元年にもまたすぐ訪問しよう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まあ確かに事前に空いているか問い合わせのメッセージを携帯に入れても、キャンセルが出た時に、ようやく返事が返ってくる程度だものなあ。
↑何か残念な話ですね。
2019/04/27(土) 21:17:07 | URL | まんもす #-[ 編集]
まあ、予約で一杯なのは結構な話ですが、弟子を取って、客の回転を上げたら、Win-Winなんですが。長居する客が多すぎると思います。
2019/04/28(日) 14:39:25 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
昔の五十嵐親方とのやり取りを拝見していたので…通せんぼとか隣のお店のドアが開く音でとか。
繁盛するとよくある話なのでしょうか。
2019/04/28(日) 15:24:44 | URL | まんもす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する