FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
令和元年、五月場所中日写真日記
令和元年、大相撲五月場所、中日観戦写真日記。

bvIMG_0654.jpg bvIMG_0655.jpg

まだ、稀勢の里パネルは展示されている。引退相撲興行までは国技館にあるだろうか。

bvIMG_0656.jpg

相撲博物館では、稀勢の里特別展、まだ開催中。

bvIMG_0657.jpg

この日は椅子A席で。

bvIMG_0658.jpg bvIMG_0659.jpg

初日に除幕された1月と3月の優勝額。玉鷲の優勝が、なんだか遠い昔の事のように思えるな(笑)

bvIMG_0660.jpg

初日に見かけて、どう考えても小さ過ぎるのではと思った貴景勝のパネルだが、近くに寄って正対して見ると、171cmの私よりも、目の位置が明らかに低い。御本人は175cm らしいから、やはり小さすぎると思うのだが。

bvIMG_0661.jpg bvIMG_0664.jpg

お昼は、「雷電」で「ちゃんこ定食」。

bwIMG_7908.jpg bwIMG_7910.jpg

中日は、「新序出世披露」。前相撲を勝ち抜いた新弟子が、来場所から番付に載る事を寿ぐ式典。兄弟子や親方の化粧廻しを締めて臨むのだが、鳴戸部屋の新弟子が多いのにはビックリ。元琴欧洲も随分と化粧廻しを持っていたのだなあ(笑)

bwIMG_7920.jpg

栃煌山、相変わらず、オラオラとマッチョ歩きでの場所入り。でも、幕内力士としては実に入りが早くて、真面目だと言うことが分かる(笑)

bwIMG_7938.jpg

富山の人間山脈は、一時怪我で低迷したが、身体があるし馬力もあるよなあ。

bwIMG_7950.jpg


栃ノ心は、部屋が徒歩圏内にあるので、大関の時も自分で歩いて土俵入りしていた。この場所は関脇であるから、南門から場所入りするのだが、大関復帰を決めてほしいね。

この日は、「貴景勝」弁当を購入して、帰宅して夕食に。なかなか良く出来ている。9月にも販売されているように願いたい。そして「栃ノ心弁当」の復活販売も。

bvIMG_0676.jpg
bvIMG_0677.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する