FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
神保町「鶴八」訪問
木曜日の夜は、夕方に思い立って電話すると空いていると言う事なので、仕事帰りに神保町「鶴八」に。

20190720135639dce.jpeg

入店してまずいつも通り冷酒を注文。お通しは平貝のつけ焼き。石丸親方が「名古屋場所は行ったんですか」と聞くので初日に遠征した話から、女将さんも加わってあれこれ相撲談義など。石丸親方は初代貴ノ花のファンであった相撲好きである。

女将さんが「鶴竜と逆鉾は似てますよねえ」と言う。今の井筒親方だが似ているかな。しかし師弟関係であるから、段々似てきたりするのかな(笑) 親方によると以前、井筒三兄弟の長男、鶴嶺山と次男、逆鉾が引退後に連れ立って「新橋鶴八」に来たのだそうだ。寺尾は来なかった由(笑)

前に訪問した時、親方が、オリンピック開会式の30万円のチケットを申し込むと言っていたので当たったかどうか聞いてみると外れたとのこと。全部当たったら100万円以上払わなければいけなかったので、外れてかえってよかったかもしれないと。私も開会式30万円、閉会式22万円どちらも外れてちょっとホッとしたのだった。

いつも通り、まずつまみから切ってもらう。白身はホシガレイ。マコよりも最初に舌に当たる旨味が濃い。アワビ塩蒸しは香りも旨味も十分。アジも身がフックラして脂の甘味を感じる上質なもの。

つまみはもう一品何を貰おうかと迷って、何がよいかなと聞くと石丸親方は「カツオも旨いですよ」とお勧めがあったのでカツオを。生姜醤油で。身肉にネットリと脂が乗っている。気仙沼で上がったものだと。この前「笹田」で出たのも気仙沼だったな。

「鶴八最後の弟子」君が、この前来た大常連O氏が会いたがっていたと伝言を。まあしかし、O氏がいつもトグロを巻いている「新橋鶴八」は最近予約取れないらしいからなあ。別の店で会った常連が、「最近は電話しても出ないので、もう行かない」と言っていた旨を親方に話すと、「最近、私が電話しても出ませんよ」と。まあ手が足りないのだろうが、まったくもってしょうがない弟子である(笑)

この辺りで握りに。まず中トロ2。大トロと称してもよい霜降りの身。脂が甘く溶ける。米の旨味を残したふっくらした酢飯も結構。

コハダは肉厚のもの2貫。ネットリした旨味は鶴八独特。 アナゴは煮汁を塗って軽く炙って温度を戻し濃厚なツメをつけて。トロトロに身が崩れる2貫。ハマグリ出汁に豆腐を入れたお椀が出て、最後はカンピョウ巻。

何時ものものが何時ものように旨い。満ち足りた気分で家路に。帰って大相撲録画を見なければ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する