FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「鮨 み富」訪問。
土曜日の夜は、銀座「鮨 み富」。当日の午後に電話したら席が空いているというので入店。入店するとちょうど一組いたお客が帰るところ。あとはカウンタ私一人。6時過ぎから満席になるとのこと。

前回来た時には気付かなかったが、窓の外に店名の看板が出ている。結構目立って良いとのこと。

201908041053520b9.jpeg
20190804105449e44.jpeg

まずお酒は四国の「美丈夫」純米吟醸。爽やかな口当たりの酒。

夕方早い時間は誰もお客が居ないので、三橋親方とあれこれ雑談しながら。店を構えてほぼ1年。商売も軌道に乗り、豊洲の仕入先とも良い物を引ける関係が確立してきたようで結構な事である。

つまみをお好みで切ってもらう。まずホシガレイ。この日〆たばかりとのこと。活かった身肉に濃い旨味あり。シマアジも上質。アワビ塩蒸しは肝添えで。大原産とのこと。紀伊産も入れた事があるが、煮上がりの香りが違うという。

アジもつまみで。ふっくらした身。生姜醤油で。石垣貝。江戸前では置いてある店は少ないが、昔は結構使っていたらしいとのこと。現在は岩手の産。クリーミーな甘みと微かな酸味が旨い。

この辺りでお茶を貰って握りに。

ホシガレイ昆布〆は厚めの切りつけ。昆布の旨味が効いている。コハダ新子は3枚丸づけ。5枚づけよりも身は厚くなったが、まだコハダ本来の身肉の味はしない。季節の走りの清涼感だけを楽しむ種。

スミイカもすでに新子が出ている。1匹丸づけで1貫。パキパキした食感は無いが仄かで癖の無い甘味あり。新子ではコハダよりも旨いとのことで親方と意見一致(笑)イワシの酢〆も新富ゆずりの光り物。アナゴも一貫。最後はこれまたこの店独特の甘辛いカンピョウ巻で〆。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
8/1、「しみづ」への訪問記も楽しみにしています(^-^)
2019/08/04(日) 19:02:50 | URL | 荒らしの通りすが #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する