FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」初日昼の部
先週の日曜、歌舞伎座の「九月秀山祭」初日の昼の部を見物。さすがに9月になってちょっとは涼しくなった。

201909031144340fd.jpeg

最初の演目は、「極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)」。実際に町奴の大侠客が武士の館で殺されたという史実に基づく演目。様々な作者が書いており「極付」は最後に出た「決定版」の意。

幕開きは劇中劇。江戸古式の荒事が演じられているのだが、見物の侍と町奴にもめ事が起き、仲裁に町奴の頭、幡随院長兵衛が実際の歌舞伎座の客席から颯爽と登場する。この場で生じた侍との遺恨が後に祟る。

武士の館に誘われたのは罠に決まってはいるが、行かなければ臆病者が逃げたと言われる。男伊達の面子をかけて敢えて死地に赴く幡随院長兵衛が見所。幸四郎は初役。器用に破綻なく成立していると思うが、3000人の町奴を束ねる大立者の豪胆さや押し出しにはちょっと欠ける雰囲気。まあ、初日であり、これから良くなる。芝翫がやると、ただ顔が大きいだけでそれらしく見えるのだけどなあ。役者は顔が大きいと得だ。

敵役の旗本、水野十郎左衛門は松緑。以前に菊五郎が演じた時の水野は、単なる悪党ではなく、武士としての胆力も鷹揚さも兼ね備えた男。しかし旗本としての立場があり、町人にコケにされては黙っていられない。こちらも侍の面子を立てるために幡随院長兵衛を殺すことになるのだが、止めを刺しながら「殺すには惜しい」と呟くところに、男を知る男の大きさを見せた。

しかし今回、悪く言えば松緑の印象は若干薄い。良く言えば、白塗りの松緑には無機的に不気味な雰囲気があり、ちょっと怜悧でホラーな、静かな凄みがあるとも言える。菊五郎には無い、ある種の狂気がそこには潜んでいる。

亀蔵は明瞭な口跡で印象的。雀右衛門演じる女房お時も、夫に従い立てながらも、行かせたくない本心が垣間見え、実に上手いものである。ただこの座組では一人だけ重い感じがする。

30分の幕間は、花篭食堂で「芝居御膳」。

次の演目は所作事の、目出度い「お祭り」。初日だけあって大向こうが大勢来場して実に賑やかな幕開き。おなじみ「待っていたとはありがてえ」と、梅玉が気分をよくした祭礼の日の鳶の頭に扮して踊る。全体にこの人は、なんでも鷹揚に機嫌良く見える所が結構である。

魁春も熟練の踊り手であるが、梅枝が同座してまったく違和感の無い健闘で華があったのに感心。梅玉が太鼓を打つ演出があるのだが、意外にリズム感が悪く、これはまあご愛敬。鳴り物が本職じゃないものなあ(笑)

そして最後の演目は、三世中村歌六 百回忌追善狂言と銘打って、「伊賀越道中双六 沼津(ぬまづ)」

呉服屋十兵衛に吉右衛門、雲助平作に歌六、平作娘お米に雀右衛門という盤石の播磨屋軍団。そして、荷持安兵衛に又五郎が出て、旅人に息子の歌昇、そしてそのまた息子の小川綜真が倅役で初お目見えという、まさしく三世歌六の百回忌追善に相応しい座組。さぞや草葉の陰で喜んでいるだろう。

劇中で追善の口上あり。さすがの播磨屋軍団も初日であり、ちょっとグダグダしたが、大向こうの掛け声も盛大で、なんとなしに乗り切る。舞台に戻っても、やはり初日だからか吉右衛門も若干台詞にアーウー感あり。何度も演じた演目でも、やはり稽古で覚えなおしているのだなあ。

初お目見え小川綜真は花道で台詞があるのだが、客が居るのにビックリしたのか、客席に顔を向けず父親にしがみついて話しかけるように台詞を。まあ幼児だから大変ですな。

「沼津」はもともと実に良く出来た芝居。駄賃稼ぎに荷物持たせてくれと持ちかけてくる雲助平作の歌六と滑稽なやり取りで客席を歩いて笑わせる所から入り、その娘と会い、呉服屋十兵衛があばら家に泊めてもらう所から、既に悲劇の萌芽が始まる。

雀右衛門お米のクドキが可憐に映えて、歌六の親父の人情味、雲助平作が実の父であると気付いた吉衛門十兵衛の思い入れも胸に響く。最後は暗闇の千本松原での、親子の情と義がせめぎ合う悲劇。円熟の名優揃いで実に見応えがあった

「秀山祭」初日ではあったが、一階客席後方には空きが目立つ。上には大向こうは沢山いた。私は一階前列であったが、隣の男性はどの演目も、ずっと居眠りしている。チケットの値段で言うと1万円分くらいは寝ていたのではないか。左斜め前の婆さんもそうだ。いったい何しに歌舞伎座一階に来たのかと思うが、興味ないチケットを貰ったのでもあろうか(笑)



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する