FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」、五周年直前の訪問
先週木曜日の午後、携帯に「今夜空いてますよ」と「新橋鶴八」からメッセージが入った。大方、ドタキャンを食らったのだな。この週は週末も含め、ほとんど予定が入っているのだが、この日だけは空いていた。お互いにラッキー(笑)

仕事帰りに「新橋鶴八」訪問。一番奥の席には大常連O氏のための座布団が。やっぱり今日も来るのかあ(笑)

お酒は純米吟醸の冷酒(銘柄失念)を頼んで、つまみから始めてもらう。房総は結構港も台風の被害にあい、停電で冷蔵設備も水も港も駄目だと。親方の実家も千葉県だが被害は少ない地域であったと。

最初はおまかせで刺身を。もう白身はヒラメの季節。白身に関しては、以前から思うに、神保町の身の活かった旨味とこの店の熟成したような白身は若干違いがあるような気がする。五十嵐親方は「またひどい事書こうとしてるでしょう」と警戒するのだが(笑)、仕入れの事や醤油などあれこれ質問。

醤油は神保町と同じ。仕入れについては、神保町より大きな個体を好んで仕入れているらしい。仲卸で他の店と分割して半身だけ貰う事もあるとの事だが、やはり締めるタイミングなど、結果的に違うのかもしれない。

先日の台風で千葉の漁業も大打撃だろうが、房総の巨大なアワビ塩蒸しが入っている。香りよく身肉もぷりぷりした旨味が素晴らしい。鶴八伝来の仕事。

大常連O氏が登場。種札が今日は少ないなと。このところ貝類があまり良い物が無いとのこと。光り物もちょうど端境期か。のんびりとあれこれ雑談。

カツオは皮目を焼き霜にして生姜醤油で。ブリがもう出ている。北海道産とのこと。天然独特の噛み応えあり、癖の無いあっさりした脂。アカムツの身の酒蒸し。漬け込みのシャコもつまみで。

この辺りで握ってもらう。大常連O氏は、だいたい何時も、俺もじゃあ握りだと言うのだが、何時もながらダラダラ飲んで注文の気配もない。何時ものペースで3時間以上居座る気のようであった。

スミイカは肉厚。独特の口中で砕ける甘い触感。酢飯も米の旨味を残して軽く仕上がっており実に結構。ここの昆布〆もネットリした旨味が身肉に入り実に旨い。

マグロヅケも酢飯との相性が実によい。コハダは若干脂が薄い気がしたが、ネットリした身肉の旨味は鶴八の伝統。漬け込みのハマグリ、最後はトロトロのアナゴで〆。

勘定を済ませて帰る際、五十嵐親方が見送りに出て来て、「この9月21日で開店5周年になります。ありがとうございました」と。そうか、早いものでもう5年。今やすっかり予約の取れない押しも押されもしない人気店になった。素晴らしい達成である。おめでとう!


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する