FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
芸術祭十月大歌舞伎、「夜の部」。
土曜日は、芸術祭十月大歌舞伎、「夜の部」に。夕方になってもまだ夏が戻って来たかのような陽気。

20191006125823a11.jpeg

最初の演目は、河竹黙阿弥作。「三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)」。大川端の場だけ出る事が多いが、今回は三人の吉三が終末を迎える本郷火の見櫓の場まで通しで。

歌舞伎座では、大川端の場しか観た事ないはずだが、後半部分にも記憶あり。以前何かの映像で見たのだろうか。

有名な大川端庚申塚の場は、朧月夜を背景に、黙阿弥の七五調の名台詞に乗った様式美に満ちた場面が美しい。松緑は貫禄ある親分肌の和尚吉三として印象的。愛之助のお坊吉三もきちんと成立している。お嬢吉三は、梅枝と松也が偶数日と奇数日とで交代に演じる。この日は梅枝。美しい娘と盗賊の男の素顔が鮮やかに交錯する。

大川端庚申塚の場から先は、夜鷹宿という底辺の生活を生きる人々の生活を背景に、三人の吉三の運命と、土左衛門伝吉と実はその子供であった手代十三郎とおとせの数奇な運命の輪が、庚申丸と百両を狂言回しに語られて行く。陰惨な因果話でもあり、そんなにはかからないのだろうが、一種奇妙な退廃美にあふれている。三人の吉三も根っからの悪党ではなく、運命に翻弄された不幸を抱える者たちなのだった。

「八百屋お七」が随所に反映されているのも興味深い。最後の「火の見櫓の場」もお七の狂乱を投影されている。

松緑の悪漢役は似合うし、和尚吉三もニンにあると思うが、全体を通してみると、本日は一本調子で若干陰影が薄いような気がしないでもなかった。弟妹殺しの場なんかはもっと凄みが出て成立すると思うが。梅枝は男女の切替が実に印象的。歌六は、今は善人だが過去もあり、胆力もある土左衛門伝吉を見事に演じる。やはり爺さん役をやると素晴らしく良いなあ。

幕間は「花篭」で「芝居御膳」。随所に秋の味覚が織り込まれておりなかなか結構。

20191006130003859.jpeg 20191006130027b14.jpeg

最後の演目は「二人静(ふたりしずか)」

能の謡曲を素材にした歌舞伎舞踊。長唄、箏曲、鳴り物と、音楽が実に賑やか。玉三郎と大舞台で同期して二人で踊る児太郎は、大相撲で言うと、横綱白鵬に前頭下位の有望株が、ぶつかり稽古で泥だらけにされるチャレンジの如し。白鵬も見どころのある若手しか相手にしないが、相撲ではこれを「可愛がり」と称する。こうやって稽古をつけて貰った若手が横綱に勝つのは「恩返し」。

しかし児太郎は立派にやり遂げて大健闘。12月にはまた玉三郎が、梅枝、児太郎と交代で演じる「阿古屋」がかかる。玉三郎の若手「可愛がり」は続く。いつか「恩返し」できる日が来ると良いね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する