FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
先週の木曜は「新ばし しみづ」。

朝8時から予約の電話を受け付けているのは知っているが、普段は午後にしかかけた事がない。「席が空いてなければそれまでよ」でやっていたのだが、この日は何故か電話をかけてみる気分になった。5時半からで大丈夫ですかと言われたのでちょっと早めに仕事を終えて店に。

この店は開店時間前に入るお客が多く、5時半ピッタリに扉を開けると既に殆どのお客がカウンタに並び、もう飲み物が出ているという場面に何度も遭遇した。この日は平日であるせいか、私が最初の客。その後で一人客が入って来たが、この日のお客は何故か登場が遅かった。

「P.M.9」で聞いてはいたが、まだ摩宙君が奥で働いている。デンマークの労働ビザがなかなか下りないとの事。しかしデンマークで職人として働くというのは大変なのではなかろうか。私も行った事がないから詳しくは分からないが。

やはり人が足りないせいか、久々に女将さんが店に出ている。お酒は常温。ラベルは「開運」。お通しはなめこおろし。何も言わずともそのままつまみが出てくる。

まずヒラメ、そして鯛の腹の身。どちらも上品な脂が乗っている。スミイカも細かく包丁を入れて。塩で食す。お客も段々と入って来て満席に。

タコも香りが良い。青柳、赤貝と貝類も。この日は一人客が多く、誰も喋らないのでまるでお通夜の如し。時々こういう事があるんだよなあ。

鯖はしっかり〆てあり旨味あり。アジは季節外れと思ったが脂が乗っている。青森産とのこと。昔は青森のアジなど入らなかったというが、やはり温暖化の影響か。

カツオ背の身は青ネギを叩いた薬味で。ブリは煮切りを塗って軽く炙ってつけ焼きに。天然のヒジキの小鉢。バリバリした食感が珍しい。いくらとウ二の盛り合わせでつまみ終了。

ここでお茶をもらって握りに。

握りは、まずマグロ2。脂も段々と乗ってきて身肉は実にシットリ。強めの酢飯が美味い。強く〆たコハダ2。この店独特。「鶴八」系の仕事から更に水分を抜いた仕事。これはこれで酢飯との相性が抜群なのだ。アナゴは塩とツメで半分ずつ。ハマグリが1貫。最後にカンピョウ巻を半分。久々に「しみづ」の寿司を堪能した。

勘定を済ませて外に出て女将さんとちょっとだけ雑談。結局「P.M9」に寄り道する事に。
マティーニを飲んだ後、ラフロイグ25年なるものを。10年もちょっと貰って飲み比べ。まったりした芳醇な飲み口。度数が高いので結構酔いが回った(笑)

201911051930496da.jpeg 201911051931119f8.jpeg





関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する