FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「十二月大歌舞伎」昼の部
土曜日は、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」、昼の部。

2019122209494068a.jpeg

「ナウシカ歌舞伎」もあったので歌舞伎座見物がかなり後半に。この日は玉三郎が阿古屋を演じる「Aプロ」。購入した筋書きには写真が入っている。座組の番付では、座頭格として別格の一枚看板で玉三郎。後は松緑、中車、獅童などが並列で支える。

最初の演目は「たぬき」。平成26年に、三津五郎で見たが、この演目が三津五郎を歌舞伎座で見た最後だったなあ。大佛次郎作の新歌舞伎。中車が主役の柏屋金兵衛。「ころり(コレラ)」が流行った江戸の町。放蕩の末にころっと亡くなった主人公は、葬式の後、焼き場まで来て早桶の中で行き帰り、外に這い出て来る。喜劇風味の冒頭。

柏屋金兵衛は、ふと思いついて自宅には帰らず、新しい自分として第二の人生を送ろうと妾の所に行くのだが、妾には既に情夫がいた。そこから始まる滑稽なドタバタ。

中車は達者な演技でこの主人公を演じる。印象的な名台詞があちこちあり、中車もやりがいがあるだろう。ただ全体に演技というより作劇と脚本の問題と思うが、会話とストーリーの進行テンポがかなりスローで、話運びが若干ダレるような印象あり。

児太郎の妾お染は、旦那を裏切る抜け目ない悪女ぶりや、間夫と一緒になった後の零落ぶりを演じて印象的。彦三郎の太鼓持蝶作も軽妙ながら口跡良く良い出来。坂東亀蔵が間夫の狭山三五郎。笑也の芸者お駒は、芝居茶屋で生まれ変わった金兵衛に出くわして度肝を抜かれる所が面白かった。

中車は歌舞伎役者になった頃は、汚い爺さん役ばかり配役されて歌舞伎界の厳しさ(笑)を感じさせたが、新作歌舞伎とはいえ歌舞伎座で主役を張る所まで来た。まあ舞踊や時代物で目立つのはちょっと難しいだろうから、新作や世話物の方面で息子の為に頑張ってゆくのだろうか。

ここで35分の幕間。花篭食堂で花車膳。

2019122209500373e.jpeg

次の演目は「村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)」

在原行平が罪を得て須磨に流された時に寵愛を受けた海女の伝説から能の「松風」が生まれ、歌舞伎にも舞踊劇として取り入れられた物語。梅枝が松風、児太郎が村雨。汐を汲む様子から、行平が残した烏帽子と狩衣をまとって、恋の思い出を振り返り落胆を踊る。梅枝と児太郎は、玉三郎から阿古屋の伝授に選ばれ、若手女形の中では頭ひとつ抜け出した印象あり。背景の満月が美しい。

20分の幕間の後、「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋」。この日は玉三郎が阿古屋を演じる。

ちょうど1年前も梅枝、児太郎とトリプルキャストで演じたが、その再演。昼のイヤホンガイドでは玉三郎の特別インタビューあり。戦後の歌舞伎座では「阿古屋」は歌右衛門と玉三郎しか演じていないのだが、演目は個人に属する物ではない。覚える気がある若手には教えたいという玉三郎自身のコメントが語られていた。1年経って、梅枝と児太郎用の新しい打ち掛けも完成したので、そのお披露目と、初回とは違う落ち着きを持った演技ができるのではと期待しているというお話。昨年より梅枝、児太郎の出演回数も増えているのだそうだ。

玉三郎は花道の出から幽玄の美と存在感あり。詮議の場でも、恋人景清を慕いながらもその行方を知らない悲しみがあふれる。この演目の見所は、琴、三味線、胡弓を演奏し、かつ歌うという技芸の難しさ。三味線は手にする歌舞伎役者は多いだろうが、胡弓はあまり使われないから馴染みは薄い楽器だろう。梅枝も児太郎も、稽古するのは大変でしょうな。去年の玉三郎は三味線のバチさばきに若干リズムのブレがあるような気がしたが、今年はそんな事はない。演奏も演技もさすがの安定。

松緑は岩永左衛門。赤っ面で人形振りを滑稽に演ずるが、異様な眼力が実に凄い。彦三郎の秩父庄司重忠は口跡朗々として座りが良い。ただ遊君阿古屋が演奏している間、ずっと待機している訳で、あれはあれで大変な役だ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する