FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
寿司屋巡り年末進行、「新橋鶴八」訪問
今週火曜日は本年最後の「新橋鶴八」。

今月初旬にアメリカ人弁護士2名を連れて行った帰り際、「24日に入れときますから」と、五十嵐親方が勝手に予約を入れたのだった(笑)

ニュー新橋ビルに着いたのは6時ちょっと前。暖簾をくぐった際、カウンタ一番奥に爺さんが見えたので、大常連O氏かと思ったがよく見ると知らない人。O氏と会うと毎回あれこれ喋りながら酒も飲むので、結局食べたものを忘れてしまうから、今回は出くわさなくて実に良かった(笑)

まず加賀鳶の冷酒。お通しはホタテに軽く火を入れたつけ焼き。貝の甘みが際立つ。最近、平貝が良くないのでホタテにした由。年末進行で飲みが続いているので疲れが蓄積しており、最初はなかなか調子が出ない。

ヒラメは当日の〆。身がまだ活かっており、肉厚で旨味あり。カツオはもはや戻りではないと思うが、迷って回遊している群れなのだろうか。腹のほうの身だが脂が実によく乗っている。炙って香ばしい皮目がまたよいアクセントに。身肉に癖がなく、へたな大トロより美味い。生姜醤油で。

アナゴ塩焼き。煮上げのアナゴとは違う大型を仕入れて、一夜干しにしてから炙るのだとか。これまた上品な脂があって皮目はパリパリと香ばしく、煮上げのアナゴとはまた違った美味さ。山椒を振ってもきっと美味いだろうなあ。

漬け込みのシャコもつまみで。タコは香りと旨味が良い。ミル貝は軽く炙ってもらう。甘みが増して美味い。最近、ミル貝は不漁とのこと。

日本酒は2杯で、その後は焼酎水割りに切り替え。年内は30日まで営業。新年は6日から営業だとか。しかし年内は予約でもう一杯とのこと。この日は「しみづ」が矢沢永吉のコンサートチケットが当たったとかでお休みであったから、事前に予約が入っていて助かったといえば助かった。

握りは、まずサヨリ。独特の爽やかな旨味。フックラと米の旨味を残した酢飯が良い。ただ握りのサイズは、神保町の本店よりも「しみづ」よりも若干大きい気がする。赤貝も食感良し。マグロヅケはネットリした旨味。漬け込みのハマグリは、神保町より色が薄い。飴だけに漬け込むのではなく煮汁も混ぜた汁に漬け込んで若干薄味に仕立てているのだとか。アナゴは鶴八伝来の味。

この日が今年最後の「新橋鶴八」訪問。結構酒が回ってタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
>アナゴ塩焼き。煮上げのアナゴとは違う大型を仕入れて、一夜干しにしてから炙るのだとか。これまた上品な脂があって皮目はパリパリと香ばしく、煮上げのアナゴとはまた違った美味さ。山椒を振ってもきっと美味いだろうなあ。

勿論、穴子の塩焼きには「柚子胡椒」ですね。
ところで、アルコールを出さない鮨屋が最高ですね。
カウンター席で隣で臭い日本酒とかビールを飲んでいる客を見ると鮨屋に何しに来ているんだと思うこの頃です。ですから私はそのようなお店には行きません。
そういえば神田神保町に昨年7月1日に「はる駒」という鮨屋が開店したそうです。
それでは、良いお年を!
2019/12/26(木) 20:56:07 | URL | 味盲の北大路魯山人 #-[ 編集]
アナゴの塩焼きに柚子胡椒は良いですね。個人的には「銀座小笹寿し」の生地焼きのような山椒も好きですが。

お茶で握りだけ食する人には邪魔にならないようにしているつもりですが、アルコール出さないと寿司屋も商売あがったりなのではないでしょうか。難しい所です。

神保町「鶴八」初代の諸岡親方も、後を継いでから独立した「はる駒」の田島親方も酒は飲まないそうですから、お茶で握り派の方には居心地が良いのではないでしょうか。行った事はないのですが(笑)

よいお年を。
2019/12/29(日) 10:30:47 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/12/29(日) 17:41:37 | | #[ 編集]
本物の魯山人の「握り寿司の名人」というエッセイを読むと、寿司屋で酒飲む客について、最初は「すし食いのアプレ」だと言っているものの、最終的には酒を飲んで自由に魚も飯も食えるまったく新しい日本料理が誕生したのだ、と書いています。もう何十年も前の頃から寿司屋で酒を飲む習慣が定着していたのですね。

長居する客や酔って騒いだり他の客に話しかけたりする客は困りますが、節度を持って短時間で切り上げる分には誰にも迷惑かけないと思います。飲んでダラダラいるのは良くないですが。

清水親方によると、石丸親方は酒飲む客にストップをかけたりする事はなかったとのこと。ただ「しみづ」は昔焼酎も置いてましたが、客が長っ尻で居酒屋状態になるとのことで焼酎を置くのは止めましたね。

2020/01/04(土) 18:33:47 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する