FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
正月休みの終わり、歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」、昼の部
正月休み最後の5日は、歌舞伎座、「壽 初春大歌舞伎」昼の部。演舞場もそうだったが、歌舞伎座も入口に門松が立ってお正月気分にあふれる。

20200109152757a7a.jpeg
2020010915281855f.jpeg
20200109152845561.jpeg


最初の演目、「醍醐の花見(だいごのはなみ)」は、栄華を極めた秀吉が実際に催した宴に由来する祝祭舞踊劇。税金を泥棒して支援者を大勢呼んだ安倍晋三の姑息な「桜を見る会」とは、秀吉はさすが」スケールが違うな(笑)

梅玉はご機嫌の体の秀吉役がよく似合う。目出度い役はだいだい似合うね。今月は夜の部は新橋演舞場と掛け持ちで大変だろう。福助が淀殿で品格高く姿を現す。芝翫、勘九郎、七之助など親戚が集まって華やかで賑やかな舞台。酒の肴にと舞踊が披露される合間にも、春風駘蕩と酒を酌み交わす演技が続く。

宴の後半、秀吉が一瞬躓く演出があるのだが、実際に秀吉はこの大宴のちょっと後に亡くなっている。盛者必衰。諸行無常。煌びやかな満面の桜花に、幽かによぎる秀吉の死のイメージ。

二番目が「奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)袖萩祭文」

男と出奔して落ちぶれ果て盲目の瞽女になった娘が、父親が切腹を賜る危機にある事を知る。親に一目会いたい、孫娘に会わせたいと、勘当された家に最後に会いに来る。しかし武士の忠義を通す父親は会う訳にゆかない。封建時代の道理が親子の情愛を引き裂く悲劇。

雀右衛門演じる袖萩は、三味線を弾いて上手の浄瑠璃と合わせるのだが、手元が気になるのかずっと下を向いているのがどうも舞台に映えない印象。独奏ならよいがプロの三味線に合わせるのは大変。ただ、目が見えない設定なら普通はまっすぐ前を向くはずだが。一目会いたいと両親の情に訴えてかき口説くのだが、そしてそれは熟練の演技と呼んでもよいのだが、雀右衛門もだいぶ年を取って来て、綺麗な娘役は段々と持ち切れなくなっているのではと若干寂しい気もあり。

この場面では、むしろ娘お君の子役が良い。勿論「袖萩祭文」の子役は、教えられた通りの段取りを歌舞伎の手法で教えられた通り演じているだけだが、歌舞伎の演出が場面に強固にはまっている。子役個人の出来にまったく依存しないほど役の仕草と演技が練られている。大変に賢く健気で可愛い少女が舞台に浮かび上がるのだ。

芝翫、勘九郎、七之助のトリオも、それぞれに舞台に映えて結構。「実は」と正体を明かす「ぶっ返り」の後、大詰め、戦場での再会を約して「さらばさらば」の場面は晴れやかなカタルシスあり。というか、袖萩の泣きだけで終わっては正月早々、あまりにも辛気臭くていけない(笑)

20200109152909c24.jpeg 2020010915292986d.jpeg

ここで30分の幕間。花篭で「芝居御膳」で一杯。もう正月休みも終わりか。

三番目は「素襖落」

今まで歌舞伎でイマイチ面白いものを見た事が無かったが、吉右衛門は満面の笑みで登場し、めでたく酒を飲み、したたかに酔っ払って「那須与一」を舞う。舞の揺らぎにも心地よい酔いが感じられるが、ピシッと決まる所はきちんと決まる。吉右衛門はあまり舞踊はやらないのかと思っていたが、流石に当代一の歌舞伎役者ですな。

狂言の太郎冠者は失敗して笑われるのが役目で、今日の「素襖落」も目出度い新年に観客を陽気に笑わせようという「良い気」に満ちていた。印象的な演目。大播磨は何時も人をハッとさせるような、他とちょっと違う工夫がある所が面白い。

最後の演目は「天衣紛上野初花 河内山(こうちやま)」

河竹黙阿弥の作。白鸚が主人公の河内山宗俊。愛嬌あって憎めない小悪党は歌舞伎の愛するキャラクターだが、白鸚の造形は迫力も兼ね備えている。

芝翫が松江出雲守。芝翫は顔が大きく押し出しがあり舞台映えするが、演技は凡庸という時が多いように思うが、この演目で、自分になびかない浪路を手討にせんとて刀を持って出て来て、家来の諫言を聞かずに暴れる場面は、なかなか黒い迫力あり。この日は「袖萩祭文」でも良かった。どうした(笑)
歌六の高木小左衛門は、この家をこの家老が支えているのだという実感あり。

上野寛永寺の使いを偽装して松江邸に乗り込んだ河内山が、松江公を説得し、金まで巻き上げてさっそうと帰ろうとした所で、茶坊主だという正体がバレる。しかし口八丁の啖呵を切り、茶坊主ではあるが将軍家の直参であると逆ギレして、平伏した松江公の家来を尻目に花道で「馬鹿め~!」と一括して颯爽と去る。カタルシスにあふれた印象的なラストを高麗屋の貫禄で見せる。

前に吉右衛門でも見たが、吉右衛門は河内山を、もっとご機嫌に演じて痛快であった。庶民の溜飲が下がったろうなと感じる所があり。白鸚の河内山は、黒い妖気が幽かに漂うような印象。

前の段が出る事もあるようだが、「松江邸広間より玄関先まで」だとほぼ1時間と短めの演目。昼の部は、演目が4本も立て込んでいるから、話が短く済むのは大いに結構。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する