FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
本年最初の神保町「鶴八」訪問。
すっかり更新するのが遅れてしまった。大相撲初場所が終了した次の日。月曜の夜は、神保町「鶴八」。当日の夕方電話したのだが女将さんが出て入れると。

入店するとカウンタには先客1名だが、もう握りも終わりかけの様子。直後に入って来たお客さんは、二階の個室に上がって行く。今日のカウンタは何故かガラガラ。

もう松の内も過ぎてしまったが、今年初めての訪問なので「本年もよろしくお願いします」とご挨拶。酒はいつもの菊正冷酒。お通しはさっと湯通ししたスミイカのゲソ。何時も淡い甘みが素晴らしい。石丸親方に「相撲行きましたか」と聞かれたので、天覧相撲や驚愕のびっくりした徳勝龍幕尻優勝の事など、あれこれ相撲談義。

「遠藤は序盤が素晴らしくて優勝するかと思ったけど、後半崩れましたよねえ」と親方は残念がる。炎鵬に負けてから、ガタガタと調子が悪くなった。元々怪我の事は何も言わない力士だが、またどこか痛めたのか心配ではある。

最初に白身を切ってもらう。まずタイ。「海が荒れていて、ヒラメは留め置きのものしか無かったので、今日は鯛です」と。皮目を湯引きして塩を当ててあるので皮目の旨味が引き立つ。

先客が帰った後はカウンタはガラガラで、「こんな日はゆっくりしていってくださいよ」と言われて、女将さんや鶴八最後の弟子も入れてあれこれ雑談ばかりしてなかなか面白かった。

塩蒸しは香りよし。ブリもまだ大丈夫だと。腹の脂の乗った身。サヨリもつまみで。漬け込みハマグリもつまみで。肝臓に良い気がするなあ(笑)

お茶を貰って、握りは中トロ2、コハダ2、アナゴ2。〆はカンピョウ巻。マグロは甘い脂が乗っている。コハダもネットリした鶴八系独特の〆具合。アナゴは脂が溶ける程度に炙るが、トロトロで美味い。

のんびりと雑談ばかりで飲み食いしたので、勘定を済ませたのは8時ちょっと前位になってしまった。しかしそれでも、大常連O氏がトグロを巻く「新橋鶴八」に行くよりもずっと早く終わるので助かるなあ(笑) 

入店前はまだ、大関豪栄道引退のニュースが流れておらず、店を出てスマホ見てビックリ。大関陥落が決まって即引退。豪栄道らしく実に潔い進退であるが、こうなると大阪場所を見に行く興が削がれるのであった。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する