FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「二月大歌舞伎」昼の部
先週日曜は、歌舞伎座「二月大歌舞伎」昼の部に。この日が初日。

2020020511134851a.jpeg

この月は「十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言」が並ぶ。昼の部は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」から、「加茂堤」、「筆法伝授」、「道明寺」の段。以前も仁左衛門で見たが、その時は「寺子屋」まで通した公演だったっけ。

20200205111411bf4.jpeg

「寺子屋」は様々な役者が演じているが、「筆法伝授」「道明寺」の菅丞相は、この役を当たり役とした父親の十三世に続き、当代の仁左衛門の独壇場。演じるのは6度目。太宰府にお参りし肉を断って精進潔斎して役に挑むのだというが、仁左衛門以外に菅丞相は考えつかない気がする。

「加茂堤」は長閑な春満面の景色を背景に斎世親王と苅屋姫の恋を描く。千之助の苅屋姫は可憐に成立。ここが全ての悲劇の始まりではあるのだが、場面にはそのような雰囲気が無いのが良い。米吉の立役は珍しいが若い高貴な公家役は良く似合う。桜丸役の中村勘九郎と八重役の片岡孝太郎も、息のあった軽妙な演技で座を沸かせる。

20200205111438413.jpeg

お昼の幕間は、花篭で刺身御膳。この後は次の段「筆法伝授」。

大きな動きや見得のある役ではないが、仁左衛門の菅丞相は高貴で威厳ある姿として端正に舞台に屹立する。まさに学問の神様が座っているという存在感。

梅玉の武部源蔵は、勘当を受けた身の緊張や筆法伝授を受けた喜び、しかし勘当は解けない落胆と達者に演じて印象的。片岡秀太郎も厳しさの中に深い同情を漂わせて熟練の演技。

最後の段は「道明寺」。

太宰府へ流される菅原道真にひと目会おうとする苅屋姫と、道真を亡き者にしようとする陰謀。魂の入った木像と菅原道真公が入れ替わる一種オカルトじみた趣向も面白い。この場での仁左衛門も神々しい高貴さと重厚さで見事に成立している。

玉三郎の老婆、覚寿の杖打ちや、悪漢を討つ立ち回りも実に迫力あり。歌六と彌十郎が演じる悪漢は珍妙な滑稽味もありなかなか達者。

太宰府に出発するラスト、生き別れる前に一目娘の姿を見たいという親の情と、自らの立場の葛藤に迷う菅丞相の姿は心を打つ。悲痛な叫びで裾にすがりつく苅屋姫の千之助も良かった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する