FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
コロナ対策で、仕事の会食や宴会、出張は自粛で個人的には大いに結構だが、かといって国民全員が家に引きこもり、やるのはトイレットペーパーの買い占めだけというのでは経済がどんどん縮小してゆく。特に小体な店はキャンセルが出ているのではと土曜日の昼に「新ばし しみづ」に電話。カウンタ空いてるとのこと。

夜は5時半の開店と同時に入店。全般に新橋界隈も人通りは少なかったが、店には既に3組7名入店しており、カウンタは満席。人気店は違いますな。

常温のお酒を貰い始めてもらう。お通しは菜の花辛子和え。

清水親方にコロナ禍の影響を問うと、やはり会食や出張の自粛でキャンセルが多発しており、特に先週末などが酷かったとのこと。まあこればかりはこのご時世。キャンセルされても、あまり文句は言えないか。

歌舞伎も公演中止、野球のオープン戦も無観客、汐留の大会社でも次々在宅勤務と、他のお客さんも交えて昨今の大混乱をあれこれと総括する。女将さんもチケットを取った明治座花形歌舞伎の2日が中止だとか。私の場合は歌舞伎座の観劇日はまだ中止になっていないが、大相撲大阪場所の初日が問題だなあと。

何時も通りつまみからおまかせで。

ヒラメは生と昆布〆。上質な旨味。昆布〆はネットリした旨味。春子は酢〆された白身がホロホロと口中で崩れる。タコも歯ごたえある旨味。

ナマコ酢が供される。子供の頃は何が美味いのかと思ったが、大人になって食すると、独特の歯ごたえがある乙な味なのだよなあ。サバはしっかりと〆られているがネットリした旨味。しかし、そろそろシーズンも終わりなのだとか。

アナゴの稚魚であるノレソレもポン酢で。確かに微かに舌に当たるヒレの感触などにアナゴの気配あり。そろそろ白魚も出てくる季節になってきた。白浪五人男ですな。北寄貝もつまみで。ここで北寄貝を食するのは珍しいかもしれない。金目鯛は切り身を軽く炙って煮切を塗る。これも旨味あり。

ウニもつまみで貰ってお酒終了。お茶を貰って握りに。

握りは何時も通り。中トロは力強いここの酢飯に旨味が溶け崩れる。しっかり〆られたコハダも美味い。アナゴは塩とツメと。最後はカンピョウ巻を半分。いつもの「しみづ」を堪能した。

勘定を済ませて「P.M.9」。やはりこのところ人が少ないとの事。バーテンダーM氏と雑談しながら、アイラのシングルモルトを二杯ほど飲んで酩酊。少しだけお金を回して経済に貢献した(笑) 新橋からタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する