FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
眼を三角にして相撲協会を糾弾する
角界を揺るがす大麻問題で、北の湖理事長が辞任。そもそも、検査結果を知ってから、「弟子を信じている」と発言してオタオタ迷走するのであれば、最初から抜き打ちで全力士のチェックなどするべきではなかった。全員検査する義務も特段なかったろうに、自分で決断したことの結果で自分の首を絞めてるのだから、やはりお粗末な話。

ただし、大相撲協会の理事長には、組織の管理に優れたリーダーが選ばれるのではない。「相撲が強かった者がなる」のが昔からの不文律。北の湖は確かに不世出の大横綱であったが、中学生の時に入門して、それからずっと相撲の狭い世界で生きてきた。問題解決の専門家でもないのだ。

世間を騒がす思わぬ大問題が発生したら、たちまち思考停止、対応不能になるのも、しかたないといえばしかたない話。後任は三重の海だが、この人とて大した変わりもあるまい。いずれは、千代の富士や貴乃花にも順番が回ってくるだろうが、誰がやっても同じことだ。

逆に、朝青龍問題以降、眼を三角にして相撲協会を糾弾している人達を見ると、彼らがどんな正義を、なぜ、どこに求めようとしているのか、若干不思議に思うのも正直なところなのである。

大相撲は聖なる神事だというが、同時に興行でもある。あるいは伝統芸能と称してもよい。もともと昔は、それら全てが渾然一体となって並存できたのだ。国技だというが、別段、法律で決まってる訳でもない。文部科学省管轄下の財団法人ではあるが、国技館は自分の金で建てたのだし、別に国民の税金が維持運営に投入されている訳ではない。お役人の天下り連中が、何にも仕事せずに税金を無駄遣いしている政府の外郭団体に比べたら、閉鎖的ではあるが、相撲取りが相撲取りだけの力で維持している伝統的社会であって、彼らだけのルールで好きにやらせておいたら何が困るのだろうか。

外人不良力士が大麻吸引した疑いがあっても、極論すれば国民は誰も困らない。オリンピックとは違うのだ。刑事事件となったなら、その時点で解雇すればよかろう。「指導がなってない」、「自浄作用がない」とうるさく協会に口出しして騒ぐオバサンや漫画家は、「相撲を愛してる」そうだが、本当にそうなのか。

相撲の事しか知らずに愚直に生きてきた大男達が、アタフタと対応に追われるが、どうしてよいか自分達でも分かるはずもなく、実際のところ困り果てているだろう。

時代が変わったのだと言われれば、その通り確かに変わった。相撲取りが相撲取りのままでは、生きてゆけない世の中に変わったのである。なんとも気の毒な話だが。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
件のおばさんや漫画家は、「相撲を愛している」というより、「相撲を愛している(と思っている)自分がとっても好き」なだけに見えますけどね・・(笑)

東西に分かれている番付ですが、南北とか鬼門とか増やしちゃって、覆面のヒールとか、禿頭にマゲの刺青入れた力士とかいれちゃったら・・とか思いますけどねぇ。外国人力士が集まっちゃって、東西力士が優勝できなくなりそうではありますが(笑)。
2008/09/10(水) 09:51:38 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
相撲取りの一生は短いですから、私が高校生の時に見てた上位力士が、もう晩年だったり、亡くなったりしてるのですよねえ。北天佑も亡くなったしなあ。

もしも、国際化をもっと進めるのなら、確かにプロレス化を進めるのも一案でしょうか(笑)

2008/09/10(水) 11:58:59 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック