97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「つかさ」訪問
昨年末最後の月曜夜は、築地の「つかさ」訪問。1年ぶりの訪問。年内営業は翌日の昼までとか。

先客は1名だけ。相変わらず快活で腰の低い高橋親方と、あれこれ自らの近況やら、このお店でお会いした懐かしい方達の近況など。「一個人 全国極上鮨の名店」にこの店が掲載されてた話なども。

お酒は常温で。お通しは、マグロ脳天の煮付け。スモークにする部位よりも筋があるところを煮たそうであるが、ゼラチン質が煮凝りのようになって美味い。

ここからツマミをおまかせで。カワハギは肝を添えて。神戸にはてっちりの際にフグ肝を出すところがあるのだが、カワハギの肝の味わいは、そのフグ肝とよく似てるのである。

ブリは鳥取で揚がったもの。この店のブリは、割と厚めに切りつけるのだが、サラリとくどさのない脂。能登のサバは脂が乗っている。タコは若干小型だが、ゼラチン質と旨みにあふれている。

この店の必殺技、マグロ脳天スモークは、白ネギとカラシを添えて。桜チップの香りがなんともいえず、相変わらず美味い。平貝は炙って供する。平貝も1年ぶりか。軽く皮目を炙った自家製カラスミは、ネットリとした旨み十分。

あれこれ懐かしい話をしながら飲んでたら、ずいぶんお酒も進んだ。このあたりで握りに。

握りを置く皿がずいぶん小型のものに。以前使っていた、正方形で真っ白な萩焼の皿は、確かに大き過ぎて、置くカウンタとのバランスを逸しているような気がしてたが、いざ使わなくなると、なんだか懐かしく思えるのが不思議。

塩と酢の立った重量級の酢飯も美味いが、ここの軽くスッキリした酢飯の美味さはまた格別。寿司種とのバランスも、いつも素晴らしい。

マグロは北海道。赤身と中トロと。旨味もあり、上品な脂。ヒラメ、スミイカは、この店の酢飯に抜群に合う種。カスゴ、サヨリ昆布〆、コハダ。煮イカはツメを引いて。茹で上げを供する車海老も立派なもの。アナゴもふっくらして美味い。軍艦巻きのイクラはサラリと酢飯と海苔に溶ける。最後はいつも通り中トロの鉄火巻で〆。マグロの酸味が、この酢飯と海苔に実によく合うのだ。

会社帰りにふらりとカウンタに寄って、美味い魚と寿司で一杯やった頃のことがしきりに思い出される。この3月で、米国駐在も丸3年だ。あっという間だなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック