97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「おんなの窓2」
日本書籍の海外送付について、送料を会社が補助する制度があり、週刊文春と週刊新潮、そして文藝春秋を、日本からクーリエ便で定期購読している。

時差と日付変更線の関係もあるのだが、日本で毎週木曜に発売される週刊誌が、アメリカ西海岸の金曜午前中に届けられる。世界は実に狭く、そして便利になった。

San Joseの紀伊国屋なら週刊誌は1冊6ドルばかりするのだが、このサービス使うと、DHLの料金は会社持ちで、自己負担は日本での小売価格のみ。日本のクレジットカードで決済して、円口座から料金を引き落としてるから、円高もあまり関係ない。半年ほど前から使い始めたのだが、ずっと前から使っておけばよかった。

この週刊文春、巻末の読者ページに連載されている、伊藤理佐のひとコマ漫画「おんなの窓」がなかなか面白い。以前に連載をまとめた「おんなの窓」が出版されたのだが、その後の連載に書き下ろしを加えた続編、「おんなの窓2」が出たので、Amazonで早速購入。

「やっちまったよ一戸建て!!」 で顛末が書かれた、あの「単身者用一戸建て」が売却されたことやら、吉田戦車との結婚など、連載中に読んだ話も多いのだが、書き下ろし部分も相当あって、これがなかなか笑えるのであった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック