97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
危ないところは、やはり危ない
アメリカのコンサルティング会社、ベリングポイントが本日、日本で言う会社更生法にあたるChapter11申請。

Bearingpoint chapter 11 comes as no surpriseという記事は、「やはり、案の定倒産」ということですな。

しかし、2月10日の日記、「危ない15社」で取り上げた記事の通りであった。誰もが危ないと思ってるところは、やはり本当に痛んでいる。

このまま行くと、クライスラーやダラー・レンタカーも後を追うだろうか。GMの再建計画では、Chapter 11申請もオプションとして視野に入っているそうだが、果たしてどうなるか。年金債務と賃金のカットができなければ、いくら政府が支援しても、結局行き詰まるように思うのだが。実体経済の悪化と失業率の増加は、まだまだこれからが本番かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック