97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
アメリカでも感染者は増加中
CDC(Centers for Disease Control and Prevention)の発表では、アメリカの豚インフルエンザ感染者は64名と増加中。7名が入院しており、死亡者が出ることも確実という。

現在のところ、発生は5つの州に渡り、45名がNYで発生。急に増えたのは、学校の旅行でメキシコに行った生徒達が集団感染したから。しかし、体調が悪いが検査してない生徒は何百人もいると当局者が述べており、これはまだ序の口で、これから感染者は波及的に増えるだろう。

もっとも、数日前から、CDCは今後感染者は増えると想定しており、驚きではない。普通のインフルエンザでも、アメリカでは年間20万人が治療を受け、毎年3万6千人が亡くなっているという。問題は、この豚インフルエンザの感染がどこまで広がり、死亡率がどれくらいかだなあ。

集団生活をする学校は、もちろん感染が起こりやすい場所だが、飛行機の中も危ない。日本の空港では、海外からの到着便の機内検疫と乗客からの健康状態申告が始まったとの報道。来月後半には、休み取って日本に一時帰国する予定なのだが、これまたなんだか嫌な雲行きになってきた。10時間近く閉じ込められた中に感染者がいたらシャレにならない。パンデミックと呼ばれるまでにアメリカで感染が広がらないとよいのだが。

私個人の体調も最近よろしくない。おそらくアレルギーによる鼻炎だと思うのだが、数日前から鼻水が出て、時折点鼻薬を使用。日本でなった花粉症とは違うが、やはりこちらの何かにアレルギーの病状を起しているようだ。アレルギーの薬を飲むと、これまた身体がドヨ~ンと実に疲れる。本日から鼻水が更に悪化。

打ち合わせ中に鼻をグズグズいわせてたら、「それはひょっとして「Swine Flu」じゃないか」と冗談のネタにされてしまった。発熱や身体の痛みなどの全身病状はないから、インフルエンザのはずはないが、まあ、あまり人の集まるところには近寄らないようにしよう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック