97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「一人一票実現国民会議」
一人一票実現国民会議という組織があって、先日の日経にも意見広告が出ていた。

国政選挙における一票の格差問題は、昔から議論されているが、一向に改善の兆しが見られない。そこで、衆議院選挙の際に行われる最高裁判所の裁判官「国民審査」投票で、一票の格差訴訟で、格差を是認した判決を出した最高裁判事を不信任にして、罷免しようという運動である。

まあ、政治家に改善を要求しても、自らの議席に関することであるから、ほとんど進展ないのは予想できるところ。一票の格差訴訟は数々起こされているのだが、違憲とした判決でも、選挙結果自体は有効としたものがほとんど。しかも近年は違憲判決自体が出ていない。

一票の格差を「合憲」とした最高裁判所の判事を不信任にすることによって、社会を動かそうというのは、なかなかドラスティックで奇抜な着想であるが、ある意味面白い。このページで国民審査で「X印」つけるよう名指しされてるのは、那須弘平裁判官と涌井紀夫裁判官。

もともと裁判官の国民審査は、上に名前が書かれた順に不信任が多いと言われる。そもそも「X印」つける有権者自体少ないのだが、つける人も、、上から順に「X印」をつけ始めて、だいたい適当なところで、「まあ、今日はこのへんにしといたるわ」(笑)ということで止める。用紙掲載順序が後になるほど不信任票が減る道理である。

まあ、確かに最高裁判所判事の国民審査は、判断する材料がいかにも乏しい。昔、新聞が各裁判官に行ったアンケートを検討して、「信任を受ける立場ですので、意見表明は控えさせていただきます」といったふざけた回答をよこした裁判官に、「X印」をつけたことが一度だけあった。しかしこれも、有権者側にだけずいぶん事前の労力を要する話であって、実行したのは一度きり。

しかし、今回、本当に上記で掲げた裁判官に、有意の不信任票が集まるとしたら、実に興味深い話。私自身は、海外選挙人登録をしてないので、いずれにせよ投票できないが。あれ? 最高裁判所の国民審査は、在外選挙人は投票できないのだったっけ。

上記運動のページには、選挙区により一票の格差が表示される機能あり。元の住民票所在地(都内)で調べてみると、衆議院選挙で0.58票 参議院で0.23票。高知3区の1票に対しての比率だというが、確かに都市部の有権者の票は田舎の何割引き。

日経意見広告では、アメリカ下院議員の選挙の場合、実に厳格に定数是正がされてる旨の記載があったが、アメリカでも上院議員は、合衆国憲法に定める「州の独立」を重んじて、人口に関係無く、州から2名の選出。カリフォルニアと田舎の州の比較をすると、一票の価値には桁違いの格差があるはず。まあ、これは、United Statesたるアメリカの特殊事情でもあるのだが。

日本の場合、参議院の定数が少なく、しかも比例代表を除いた定数を、さらに都道府県を単位として割り振ってるので、技術的に格差がかなり生じるのだという。まあ、都道府県は、アメリカの州とは違う訳で、無理があるのなら、参議院については都道府県単位の選出を止め、比例代表一本にするのも選択のひとつではないか。

ところで、余談ながら、上記ページには、この運動に賛同する「発起人、賛同者一同」というページがあるのだが、この中に「野球評論家 長島一茂」とあってなかなか笑える。この人は、衆議院と参議院の違いや、選挙制度などについて、はたして一度でも考えたことがあるかねえ。まあ、親父さんのほうだって、考えたことはなさそうだけれども。なんでも名前集めればよいというものでもないと思うがねえ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ただ「一人一票実現」だけの問題だけを見て最高裁裁判官を決めるのは危険ですよね?最高裁裁判官の仕事は他にもありますので。

「みんなで不信任にしようぜ!」のお祭りに乗せて乗せられてる感じやね
2009/08/28(金) 21:49:59 | URL | hello world #-[ 編集]
本件は、やはり本来、立法の仕事であって(国会議員は嫌がるでしょうが)、司法に圧力を加えて実現しようというのは、本来はお門違いという気がしますね。

まあ、政治からみでは安易に現状を追認しがちな司法判断に警鐘を鳴らす意味はあるかもしれませんが。

長島一茂にそのあたりの見解も聞いてみたいところです。
2009/08/29(土) 00:44:03 | URL | 荒らしの通りすが #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
drastic Killer(ドラスティック キラー)の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「drastic Killer(ドラスティック キラー)」へ!
2009/08/19(水) 17:20:03 | drastic Killer(ドラスティック キラー)