97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
United航空、DEQMキャンペーン
主として利用する空港がSFOとORDのため、米国での出張にはもっぱらUnited航空を使っている。機材はボロい、サービスは素っ気無い、キャンセル多発、発着時間もよく遅れる。よいところ無しで、利用者にもボロカス言われる会社だが、それでも結構顧客がいるのは、マイレージ・サービスが充実していて、アップグレイドやマイルによるタダ券の発行などで利用者を繋ぎとめているから。

提携クレジット・カードのポイントもあって、私でも年間で30万マイルくらいマイレージが貯まる。日米往復の特典旅行に必要なのは、ファーストクラスでも13万5千マイル。そうなると、たまの日本往復も、マイルを使ってユナイテッドで行くかということになる。まあ、結局、航空会社の顧客囲い込みに、乗せられていると言えば乗せられてるのだなあ。本来なら国際線は、ANAやJALに乗るほうがよほど快適なのだが。

そのユナイテッドから、9月になって、年末までのフライトの「ダブルEQMキャンペーン」なるお知らせが到着。

EQM(Elite Qualifying Miles)というのは、普通のマイルのように、無料航空券に替えたり、アップグレイドに使えるマイルではなく、プレミア、プレミア・エクゼクティブ、1Kという、FFPメンバーのステイタス判定に使うだけのマイル。

年末までのEQMによって、来年のステイタスが決まるのだが、例えば10万EQM達成して、「1K」メンバーになると、フライトに優先搭乗できたり、SWUという国際線に使える無料アップグレード券がもらえたり、マイルの獲得に加算がつく等、各種特典がもらえる。

EQMの獲得がキャンペーンで2倍になると、今年は10万マイル搭乗無理だと諦めてた人も、もう少し頑張って乗ってみるかと考えることになり、ユナイテッド航空の思う壺ということになるのであった。

私自身は、ステイタス獲得のための無駄な旅行(これを、マイレージ・マニアの間では「修行」と称する)などする気は毛頭無いのだが、このキャンペーンによって、余計な旅行無しに、今年は達成不可能と思ってた10万マイルEQMの達成がほぼ確実に。これはこれで、なんだか得した気分。

春先にもダブル・マイルのキャンペインがあったのだが、1年に2度あるのは珍しい。キャンペーンが発表される前に発券されたフライトに関しても、9月3日以降の出発なら全てEQMが2倍になるという気前のよさ。

FlyerTalkによると、アメリカン航空が同様のキャンペインを秋口に始めたので、ユナイテッドも負けずに追従したようだ。逆に考えると、顧客の囲い込みに必死になるUnited航空は、やはり相当業績悪いのだろうなと推察できる。そのうち、またチャプター11申請で倒産ということにならなければよいのだが。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~
デンバー在住なので、うちもクレジット・カードもフライトもいつもユナイテッド。
こちらで危ない危ないってお話聞くたびにマイル使っておかなくては~とあせってます(笑)
ブロンコス4連勝にロッキーズはプレイオフ進出と、コロラドの秋は盛り上がっていますよ~
イーグルスの訳詩、ためになりました。
懐かしのロックの訳詩、シリーズ化して欲しいです!
2009/10/06(火) 14:04:18 | URL | Wing #3Jxgs7Bc[ 編集]
>wing様

どうもどうも。

デンバーですと、やはり同じUnited仲間ですね。何度か乗継で降りたことがありますが、実に広々と奇麗な空港でした。

Unitedはもともと赤字だったところにもってきて、この経済危機で旅客が減ってますから、だいぶしんどいのではないでしょうか。C11でも、まさかマイルがパーになるとは思いませんが、交換レートなど、ずいぶんカットされるかもしれませんね。

ブロンコス好調と聞くと、97年98年のジョン・エルウェイによるスーパーボウル連覇を思い出します。野球も好調とは、確かに盛り上がりますね。訳詞のほうも、思いついたらまたやってみるかもしれません(笑)

それでは、また、よろしくお願いいたします。

2009/10/07(水) 00:47:24 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック