97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
宮里藍、LPGA2勝目ならず
NFLを観戦しようとTVをつけると、LPGA、Samsung World Championshipが映る。バック9に入った後半だが、リーダーボード見ると、宮里藍が一打差で2位につけている。NFLを後回しにして女子ゴルフをそのまま観戦。

1位だった韓国の、Na Yeon Choiは途中で3連続ボギーを叩いて2位に後退。宮里が首位に立つ。パーオン率もフェアウェイキープ率も高い正確なゴルフ。最終日のひとつもボギー叩かず、1打リードで18番に来た時は、LPGA2回目の優勝を確信したのだが。

なんと2打目を池に入れてしまい、ボギー。これで後を追うChoiに並ばれる。後続のChoiは、18番ロングの2打目をグリーン際まで運ぶ。この時点で勝負あり。あっさりバーディー取って逆転優勝。宮里は優勝を逃してしまった。実に残念。日本の報道陣も、ずいぶんついて回っていたのだが。

Choiはまだ21歳なのだそうだが、実に落ち着いて淡々とゴルフをする。韓国女子ゴルフの層の厚さには驚くばかりである。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
宮里
私もTVを見ていて、あの18番は当然安全策で右に打っていくだろうと思っていたら、208ヤードに3番(?)ウッドで強気に攻めたので少々驚きました。
しかし、考えてみるとあそこでセーフな攻め方をしたら、アメリカでは「勝つために弱気な攻め方をした」と言われ続けるだろうな、とも思い将来的に考えればあれで良かったのか、とも思いました。
数年前、デビッド.トムスがPGAの最終日、ロングホールを2打で狙わず手前に刻んで勝った時、「どう思われても良い。僕は勝ちたかった」言い切りましたが、今でも「トムス」と言えば、「刻み」と反射的に思ってしまいますからね。
それにしても、宮里は多少たどたどしくてもキチンと英語でインタビューに答えており、他の男性アスリート(イチローや松井を含む)に比して大したものだ、やはり日本の女は世界でも一級品で通る、と思いました。
男性としては、少々情け無いですが。
2009/09/22(火) 03:28:29 | URL | Y. S. #jouz.RNQ[ 編集]
2打目は、なかなか難しい選択でしたね。オチョアも池に落としてましたっけ。正確無比だったショットが、若干狙いより左にブレたようにも見えましたが。

まあ、攻めなければ勝てないというのもセオリーではありますが。

インタビューにキチンと答えてたのには確かに感心しました。イチローや松井、松坂も、もうちょっとなんとかならんのですかねえ(笑)
2009/09/22(火) 05:11:18 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック