97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
死刑にまつわる人々と 「絞首刑」
民主党新政権の千葉法相は、死刑廃止論者なのだそうである。まあ、まだ別に死刑執行しないと宣言してる訳ではないので、杞憂かもしれないが、現行法制化で、法律より自らの主義主張を優先させ、執行命令を意図的に決裁しない事になると、法相としての職責を果たせないのは明らか。

もしも自らの主義主張を通すのが優先なら、政治家として、死刑執行停止法案を国会に上程し、それが通ってからその法律に従うというのが筋だろうと思う次第。

最近の読売新聞の調査でも、死刑存続派は80%を超える。今まで、どの調査でも、日本で死刑廃止派が多数派になったことは一度もない。多数決で決めるなら、昔から結論は出ているのだが、廃止派は、「衆愚の民意より俺の考えのほうが正義だ」と思っているのが、ややこしいところ。

日本で死刑賛成が多数なのは、日本の民衆が愚かで、人権意識が遅れているからだろうか。果たしてそれだけで本当に全て説明がつくのかね。アメリカもまた、死刑存置国で、年間の執行数も多い。では、欧州と日米の、根本的違いはどこに?

同じ先進国中で、なぜこうも、死刑に対する普通の市民の意見が違うのかについては、文化的、歴史的側面も含め、もっと深く突き詰めた考察が必要であり、それなくしては、日本での死刑廃止運動は決して成功しないだろう。

死刑を取り巻く諸問題については、昔から興味あるテーマのひとつでもあり、時として目に触れた本は購入している。今回、「絞首刑」(青木理)読了。

月刊現代に連載された死刑に関するルポルタージュを1冊にまとめたもの。死刑廃止と存続の是非を語るのではなく、死刑囚や被害遺族、さらには、刑務官や教誨師氏などの刑務所関係者にも取材し、死刑という刑罰の具体的な真実を追究しようという試み。死刑執行に立ち会う人々に取材し、死刑制度が、どのような組織と段取りによって維持されているかを語る部分が実に重い。

死刑判決に至った事件そのもの取材しているのだが、取上げられた死刑囚たちにはあまり同情を感じない。現在未処刑の確定死刑囚は100人ちょっと。毎年毎年、1,200件前後の殺人がある中で、死刑判決が確定する案件というのは、やはり、あまりにも異常で常軌を超えた凶悪な犯罪ばかり。

表紙カバーには、4名殺傷事件の死刑囚の、「死刑という罰を受けるのだから、反省などする必要ない」旨を述べた言葉が取上げられている。彼は、自分自身で控訴を取り下げ、死刑判決を確定させている。しかし、この彼の考えは、まったく奇矯。社会で共に隣人として暮らすには、あまりにも危険で異常な思考回路と呼ぶしかない。

この本に登場する死刑にまつわる人々の中で、実に深く同情するのは、死刑に立会う刑務官。受刑者を刑場に引き立て、首に縄をかけ、処刑のボタンを押し、遺体まで処理する。果たさなければならない職務とはいえ、実に衝撃的かつ過酷な仕事である。

処刑に立ち会う教誨師や僧侶も同様。立会いの僧侶は、絞首刑が執行される間、読経してるというが、宗教家として、面前で人が処刑されることに対する心境も、とても想像することができない。そして、法律の定めにより、死刑には検事も立ち会う。自分の訴追した事件とは関係なく、立会い検事が決まるのだというが、これもまた実に峻厳な義務。

装丁は、扉絵も含めて相当に薄気味悪く、ページの回りは墨を流したような汚しが入っており、手にすると汚れが手に移るような気さえする。特段、死刑反対論を声高に主張してる本ではないが、ただ、この装丁そのものが、死刑に対する嫌悪感を読書に植えつけようとする、一種のサブリミナル効果ではないかと、若干疑問に感じるところ。

真摯かつ冷静に書かれた読み応えある本だけに、ごく普通の、淡々とした装丁のほうがよかったのではと、その点だけは、なんだか残念に思うのであった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック