97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
京都を歌う「北山杉」
YouTubeには、時折とても懐かしいものが転がっている。

岡本正とうめまつりの「北山杉」。

四条通りをゆっくりと、君の思い出残したとこを、黒いダッフルコート着て、背中丸めて歩いてます。。



あの頃ふたりは清水の、長い石段登って下りて、青春色の京都の街を、静かに静かに歩いていました。。。

一種のご当地ソングでもあるのだが、京都はどこを歌ってもサマになる。この歌を聴いた当時は、京都での学生生活に憧れたなあ。結局、大学生活は、生まれ故郷の神戸で送ることになったし、まあ、それはそれでよかったのだけれど。

京都を歌った歌は数多いが、我が故郷、神戸を歌った歌でヒットしたのは、前川清の「そして神戸」くらいしかない。同じ京阪神なのにエライ違い。それがちょっと不思議。なぜだ!(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
北山杉
うわぁ,懐かしいなぁ。ドーナツ盤持ってました。黒いダッフルコートも着たりして。
2009/09/26(土) 20:34:30 | URL | Jack #3v1sqfKU[ 編集]
そういえば、ダッフルコートなんて、もう見かけませんねえ。
2009/09/27(日) 06:36:03 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/22(金) 21:01:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック