97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
タイヤの空気圧低下
朝は久々に外で4マイル・ラン。若干肌寒いくらいの気温だが、手袋までは必要でなく、やはり風を受けて走るのが気持ちよい。

午後、買い物に外出した帰り、580を北上していると、車のダッシュボードに「Tire Pressure Low(タイヤ空気圧低下)」の表示が急に点灯。車の挙動には変化ないから、まさかバーストしたとは思えないが、いったんこのランプがつくと、路面から伝わってくる振動や車の揺れまで、全部タイヤのせいではないかと疑念が湧いてくるなあ。

とりあえず速度を落とし、次の出口でフリーウェイを降りて、タイヤを点検。外見は異常ないし、蹴飛ばしてもちゃんと固いのではあるが、一応空気入れておくかということで、近場のShellのスタンドに。

空気を入れるコンプレッサー機械が設置されおり、コイン投入口には75セントとあるのだが、アクティベイトするにはキャッシャーに申し出ろとも書いてある。しかたないので、キャッシャーのところまで言って、「エアの機械をアクティベイトしてくれ」と頼むと、若い男は「え、何それ」という。「だからさあ、タイヤをインフレートする、75セント入れるマシンがあそこにあるじゃない」というと、「ああ、あれはただ75セント入れればいいんだよ」と。

だったらアクティベイトうんぬんなど書くなよなあ、と機械まで戻ると、その上に更に看板があり、「カリフォルニアでは条例により、給油を行った車にエアとウォータ-を無償で提供すべき旨が定められている。これに関してコンプレインがある場合には、下記の番号に電話せよ」とある。察するに、ガスを入れてから、キャッシャでゴネたらタダにしてくれるんじゃないか(笑)

まあ、しかし、わざわざそのためにだけ給油して、またキャッシャーで押し問答するのもアホらしいので、そのままコイン投入。ちゃんと動く。アクティベイトうんぬんと余計な事を書いてたので、とんだ時間の無駄であった。

実は、車のタイヤの空気を自分で入れるのは恥ずかしながら初めて。日本では有人のスタンドで頼めばやってくれるし、ディーラーの点検なんかもあったからなあ。

75セントで3分間動くのだが、意外に手間取って、更に3分延長することに。最初からキャップを全て外しておくなど、準備してから金入れないと間に合わないことや、空気圧を先に指定した上で、ノズルをしっかりとビープ音が鳴るまで保持しないといけないなど、初めての体験から分かって、なかなか勉強になった。なんでもやってみないと分かりませんなあ。

空気圧を調整すると、ダッシュボードの警告ランプは消灯。とりあえず、いったんこれで様子を見るか。

この車も新車で受け取ってちょうど1万マイル(1万6千キロ)乗ったが、今まで点検に出したのは1回だけ。これは私が不精なのではなく、そもそも車の所有権を持つフリート・リーシングの会社の基準がそうなってるのである。最初の点検とオイル交換が7500マイル、次の点検とオイル交換は1万5千マイル。まだ5000マイル走らないと次の点検時期にならない。

まあ、考えてみると、日本は車検以外に、初回1000点検や、3ヶ月点検やら6ヶ月点検など、あまりにも点検がありすぎるのではないか。まあ、アメリカがやらなすぎるということなのかもしれないが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック