97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
Honolulu写真日記
Thanksgivingの休暇で宿泊したのは、いつものヒルトン村のいつものレインボー・タワーだし、あまり目新しい写真も無いのだが、一応備忘のためにデジカメに残ってた映像からいくつか。

hnl091112.jpg

日が沈んだ後、さて、食事にでも行くかと海岸を歩くと、ヤシの木の上には青く光る半月が。日が暮れても、しばらくの間空は青みががった色を保っており、月が実に美しい。

hnl091117.jpg

せっかく車があるのだからと、ブラッとノース・ショアへ。観光地というより、サーフィンする人が集まってるような場所多し。ワイキキ側の海よりも、こちらのほうのが風が強く、海の色も若干違う気がするなあ。鄙びた感じで、あんまり人がいないのもよい。

hnl091118.jpg

ノース・ショアから東に向かい、PGAの大会も行われる、タートルベイ・リゾートを越えて、今度は南下。オアフ島の東半分を一周するような形でドライブ。島の東側は、雨が少ないと聞くのだが、道路に面した山は、侵食が進み、実に奇妙な威容を持って迫ってくる。

hnl091115.jpg

レインボー・タワーのオーシャン・フロント・コーナーという部屋の海側ラナイからは、ヒルトンが金曜に打ち上げる花火が面前に見える。砂浜から見るのもよいが、ラナイの椅子に座って一杯やりながら、数十メートル先で打ちあがる花火を見るのもなかなか壮観。

hnl091120.jpg

ロイヤル・ハワイアン・センター前で行われているフラダンス・ショーを通りがかりに見物。真ん中の女性を見ていて、アレ? 何か思い出すなあ、と考えていたら、。お笑い芸人「響」の太ったのに体型が似てるのだった。<オイ<張り倒されるぞ(笑)。しかし、リーダらしき彼女のダンスは実にゆったりとして上品。ポリネシアンがはぐくんだ、豊穣かつ繊細な文化を感じさせるのだった。

hnl091119.jpg

ヒルトン前ではなく、ワイキキ・ビーチから見る日没。前にハイアットに泊まった時は、他のホテルの影になって日没は見えなかったが、この時期だとオーシャン・フロントの部屋を取ると部屋からも日没が見えるようだ。刻々と変わる夕映えを感じつつ、砂浜をそぞろ歩く人々。

hnl091113.jpg

西海岸とオアフ島は2時間の時差あり。やはり早く目が覚めてしまう。最終日の朝、まだ夜明け前のビーチとダイヤモンド・ヘッド。静かに打ち寄せる波の音を聴きながら、ラナイで風を感じる。そう、休暇はいつだって、あっという間に終わってしまう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック