FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
RIMOWAのスーツケースが壊れた。

フライトは順調で無事に日本に到着。

122103.jpg


今回の旅行には、上記写真にある私のラゲージ・ラインアップから、左下のRIMOWAのサンバ26インチを持参。プライベートの場合は機内持ち込みには、真ん中のリュックを採用してるのだが、今回の場合、会社に寄らねばならないため、RIMOWAの上にある、サムソナイトのコンピュータ・ポートフォリオ・バッグを機内持ち込み。

東京へのフライトは定刻より若干早く到着。機外に出たのは一番最初で、入国審査もガラガラだったため、バゲージ・クレームには一番乗り。まだターンテーブルは回っていなかった。

回りだしてから荷物はすぐに出てきたのだが、私のスーツケースがトレイに入れられている。なんだか嫌な予感がするな。下ろしてみると、果たして何かおかしい。このサンバ・モデルには、4輪のホイールがついてるのだが、1個がもげている。どうも積み下ろしの時にひどい扱いを受けたようだ。

RIMOWAの4輪キャスターは、360度クルクル回って、ケースの取り扱いが実にスムースに行える優れものなのだが、確かに構造が若干強度に欠ける気がする。

122104.jpg


だいたいアメリカで荷物係やってるゴリラ達が積み下ろしをするのを機内から見てると、スタン・ハンセンみたいなのが、ボディ・スラムや裏投げのような要領でスーツケースをコンベアに叩きつけている。放り投げられて、車輪の部分から地面に激突すれば、たちまち壊れるわなあ。

過去日記で、このRIMOWAの4輪キャスターのことを書いた際、愛用されてる方から、4輪は壊れやすいというコメント頂いたのだが、まさにその通りであった(笑)。まあ、そもそも、United Airlineの荷物扱いが悪いと思うのだが。

長旅の後で疲れてるのだが、Unitedのカウンタに寄ってクレーム。どうも申し訳ございませんと謝られた後、端末で検索していたが、「本来は免責なんですが、いつも当社をご愛用いただいてますので、特別に当方で修理代を負担いたします」との事。旅行約款では、荷物の破損は普通、キャリア免責なのか。それは知らなかった。1Kのステイタスがちょっとは効いたのだろうか。

しかし、日本の指定の修理業者に着払いで送付するので、およそ3週間で修理して返却しますという。日本に住んでる人ならそれでよいが、アメリカに住んでるこちらとしては、日本出発までに間に合わない。第一、急がせて帰国までに間に合ったとしても、これから大阪、九州と日本国内を移動するのに、その移動の際はスーツケースをどうする。

結局のところ、修理したものは実家に送ってもらって、新しいのを一つ買うしかないような事になってしまった。あるいは一輪壊れたまま引きずってゆくか。なんとも困った話。このサンバは高さ」26インチで63リットル。1週間以上の旅行には、若干小さい気もしたので、この際日本で買い換えるかなあ。まったくもって災難である。

RIMOWAを買いなおすとすると、ポリカーボネートのサルサは、確かに軽いが、ジッパー方式で全体がフニャフニャしてるのが好きではない。そうするとやはりまた、ポリカーボネートにジュラルミンの支柱が入ったサンバということになるのだが、今度は4輪キャスター止めて2輪にするか。

まあ、自分で荷物を引きずるのをやめて、ルイ・ヴィトンの皮のアンティーク・ケースを積み上げて下僕に運ばせ、世界中を大名旅行するような身分になってみたいもんであるが。まあ、アラブの王様でもなければ到底無理か(笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
一世代前の無骨なリモワでさえ、空港の熊達がケースぶん投げる様を見てると「こりゃいかん」って、超合金ロボみたいなゼロハリに買い換えたぐらいですから、最近のカーボン系/ジッパー式だと心臓に悪すぎますねぇ(柔らかいからこそ破壊には強いのかもしれませんが・・笑)。

ヴィトンケースを運ばせるのも手ですが、荷物は手荷物のパスケース一つで、あとは現地で買えばいいか・・って手もありますね(特に日本なら)。ゴルフにはまってた時代、NY州への長期出張でゴルフバッグ送るのが大変だから、到着後にホテルよりさきにゴルフショップに行った覚えが・・(そもそも出張でゴルフを考えることが間違ってる)・・

それでは良いお年を・・
2009/12/24(木) 11:10:45 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
>taka様

壊れるのではないかとは思ってましたが、やはり壊れました。もっとも、懲りずにまたRIMOWA買いましたが(笑)

ゼロハリもよいですが、時々無残にも、熊の力任せのボディスラムのせいか、一部凹んでたりするのを見ますよねえ。

やはり、必要なものは現地調達で、あとはクーリエで送り返すほうがよいかもしれませんなあ。
2009/12/25(金) 08:27:15 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック