97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
RIMOWAを日本で購入
成田で、United便のバゲージ・クレームに出てきた際に、キャスターが壊れていた愛用のRIMOWA SAMBAモデルであるが、ユナイテッドで貰った着払い宅急便伝票で修理業者に送付。費用向こう持ちで直してくれるのはよいのだが、修理業者から連絡あり、部品が取り寄せになり3週間かかるとのこと。いずれにせよ日本国内のこれからの移動とアメリカ帰国には間に合わない。修理できたのは実家に残置することとして、代わりのスーツケースを検討。

まあ、前の26インチモデルは、容量が62リットルで若干小さい気がしていた。この際、もうひとつ大きいのを購入することに。しかし、百貨店や旅行用品店を何点か見たのだが、SAMBAはどこにも置いてない。

ネットで調べて、丸の内ビッグカメラのはす向かいビル内に、RIMOWA直営のフラッグシップ・ショップがあることを発見。時間みつけて訪問。

さすがに直営店だけあって、品揃えは壮観。ポリカーボネートSALASAは軽くてよいが、開閉がジッパーでトランクが全体にフニャフニャなのが気になる。ジュラルミンのジャンペン・ゴールドも実に重厚で高級感あるが、これはやはり重い。

結局、ワンサイズ大きい82リットルのポリカーボネートSAMBAを購入。今回も懲りずに4輪キャスターつき。このキャスターは衝撃には弱いが360度クルクル回る優れもので、一度この便利さに慣れると、なかなか捨てがたいものあり。懲りないねえ(笑)

しかし問題は値段。壊れた26インチモデルをNYで買った時は確か700ドルちょっとだと思ったが、今回の日本円での値段をドル換算すると1000ドルを優に超えるのである。ネットの安売りショップではもう少し低いようだが、それにしてもなあ。これがまた壊れたら、泣きっ面に蜂である。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック