97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「借り株」親方の造反
相撲協会の理事選挙で、立浪一門の総意に造反して貴乃花親方に1票を投じたことを告白した安治川親方は、昨日「退職する」と記者会見で述べたのだが、本日になってその発言を撤回。一門の厚意により協会に残ることにしたそうである。

この右往左往ぶりが、いかにも相撲取りだなあ(笑)。まあ、若いころから角界にどっぷりつかって、相撲のことしか知らないのだから、仕方ないのだが。落選した元旭国がカンカンになって「反省会」で締め上げたので、観念して白状したが、角界追放という雰囲気になると、立浪一門が悪者になってしまう。理事に当選した魁輝が、今度はあわてて慰留したというところだろうか。

この親方は、元幕内光法というのだそうだが、名前は一度も聞いたことなかった。たいした実績もないのによく親方として協会に残れたなと思うが、この人の親方株は「借り株」だったのだそうだ。

相撲界では親方株を取得しないと引退後に親方として協会に残ることはできない。しかし親方株は数が決まっている。引退時に親方株を所有してなくとも、現役で既に親方株を取得している力士から株を「借りる」ことができれば、緊急避難的に親方として協会に残ることができるのだ。

しかし、株を持ってる現役力士が引退する時には返却しなければならないから、いずれにせよ根無し草のような不安定な立場。親方株の権利はやはり所有者の力士に帰属するから、一門の総意に反して勝手な投票するのは、居候が家長に反乱起したようなもので、相撲界的には許せないところなのだろう。

親方株・名跡制度にも、承継に伴って裏で巨額の金が動くなど、あれこれ不明朗なところがあり、親方株の譲渡を巡って脱税問題となったこともある。改善も必要かもしれないが、相撲取りだけの閉鎖的な社会で、本人達が納得してやってるのなら、まあ、あまり一般社会が目くじらたてるようなものでもないかもしれない。親方株制度を廃止して、誰でも相撲界に新規参入できることとしても、相撲取り以外に誰も算入するものはいないだろうしなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック