97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
朝青龍引退
朝青龍引退発表との速報にちょっとびっくり。

新潮の記事に、メディアが次々に飛びついてバッシング報道が過熱し、横綱審議委員会すら、その報道を元にあれこれ意見してたが、本当に誰かが殴られたのか、殴られたとしたら誰なのか、なぜ殴られたのか、どんな経緯で。匿名の証言と憶測だらけで、何ひとつ明らかになっていない。

そんな段階で、土俵上では誰よりも強かった不世出の横綱を、本当に引退に追い込んでよいのかという気がするのだがなあ。まあ、本人が引退するというのであるから、それはしかたないのだが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
動画とインタビュー記事みました
率直にいって、朝青龍が日本の社会にウンザリして愛想が尽きたように見えるのですが。

皆さんの力に圧倒された、と彼も日本語で言ってますし。

日本社会も大したことないんだなあ、と思ってしまいました。彼を追放することが正義だとは思いません。暴力はもちろん行けない事ですが。
2010/02/04(木) 19:09:14 | URL | toto #ZwPAVBvI[ 編集]
>toto様

実際のところ、メディアの扇情的な報道が先行し、横審もそれに引きずられ過ぎたという印象がぬぐえません。客観的な事実はまったく明らかになってないのに、引退勧告もやり過ぎではなかったですかねえ。

まあ、本人が引退の決定をしたのですから、止むを得ませんが、日本人の排他性の一端が現れているような気がしてなりません。

しかし、本当は小沢一郎のほうを辞めさすべきではないですかねえ(笑)
2010/02/05(金) 01:29:28 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック