97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
スノーボード・ハーフパイプ決勝
アメリカでは、バンクーバー冬季オリンピックはNBCが独占中継。ただ、通常波では常に流してる訳ではなく、夕方から夜にかけても通常番組を流し、その後、8時からの中継。

昨夜は、ホッケーや、スケートのショートトラックに続いて、夜の10時頃からたまたま流れたスノーボード・ハーフパイプの決勝の放送を見た。

話題の国母選手は、残念ながら2本とも着地に失敗。最近の日本メディアは、一時のバッシングの揺れ戻しがきたか、急に国母選手の美談など報道して若干気持ち悪かったが、8位入賞というのは、どんな扱いになるだろう。

優勝したのは、前回トリノでも金メダルのショーン・ホワイト。NBCのインタビューにも登場していたし、中継のタイトルバックにもよく登場するアメリカのスター選手。

ハーフパイプという競技は、オリンピックの時くらいしか見ないが、全員の滑りを見ていると、高さや身体の回転数など、ホワイトだけが飛びぬけた別格の強さであることに得心がゆく。

ただ、よく分からないのが採点システム。最後の1本をすべる前に、直前の選手が失敗。そのとたん、「やったー」っと、コーチと喜び合うホワイト選手がTVに映る。アナウンサーも、「金メダルを決めました」と言ってたのだが、最後に大失敗したら逆転される可能性だってあるんじゃないの。そんな大差がついてたかねえ。そこがよく理解できなかったのだが。(え~、これについては、今夜、女子のハーフパイプを見ていて解決。2本すべった合計ではなく、どちらかよい方の点数を取るのであった。昨日の放送では、そこまで採点システムを理解してなかった。なるほど。)

余談ながら、この際、コーチとホワイト選手が喜びながらしゃべってた部分で不適切な発言があったらしく、NBCのアナウンサは、「申し訳ありません」と弁明。ただ、何言ったのかは分らなかった。クローズド・キャプション(TV字幕)もこの部分はついてなかったし。

紋切り型で正論を述べる英語は、外国人にもよく分かるのだが、スラング使った不適切な発言や、バチ当りな発言というのは、nativeではない外国人には、何年も住んでても、やはりそう易々とは聞き取れない。

もっとも、Yahoo!のニュースによると、録画放映した西海岸では、音声が編集されてたような事も書いてるので、聞こえなくても当然かもしれない。しかし、果たして何を言ったのか。どうも気になるなあ(笑)記事にあるVulgarというのは、下品な、低俗なという意味なのだが。きっと、あまりお行儀のいい発言じゃなかったのだろうなあ。

ホワイト選手は、13歳からプロとして活動して、何億も年収があるのだという。国母選手もプロ登録が11歳の時とWikiに書いてあるから、この競技は、選手全体が全体にたいへん若い。アメリカ選手がスタートする前には、NBCがみんな観客席の両親を映すのだが、彼らもだいたい50前に見える。

小さな頃、両親に連れられてスキーに行って、そこでスノーボードの魅力にとりつかれたキッズが、ただ一心にそればかりやって青年になったという感じなのだろうなあ。この競技も、たまに見るとなかなか面白かった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マスコミも叩いたり持ち上げたりと大変みたいですね(笑)。

スノーボードというスポーツ自体にあまり興味無いし、格好や言動など「実力あるならまあ、それもいいじゃん」ぐらいで、競技者個人が態度悪かろうが頭悪かろうがどうでもいいかな・・って思ってました。

ネットのニュース読む限り、日本人選手が力及ばずというより、入賞者の技量が圧倒的だったっとか。まあ、「えらそうに大口叩いたくせにダセェな」ってのが、個人的な感想(税金という形で選手を送り出すことに微塵ほどでも協力しているのであれば・・)です。
2010/02/19(金) 13:02:37 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
>taka様

アメリカ・チームのスノーボードのユニフォームそのものが、ダボダボのジーンズを模してありまして、やはり、普通のスキー、スケートと、ちょっと違う文化だなあと思ったことでした。

まあ、しかし、私自身はスキーも、本当の初心者程度しかできませんから、スノボは感心しますねえ。

もっとも、国母選手のあの対応は、頭悪かったです。プロ選手だそうですし、数千万稼ぐと報道ありましたから、よきアドバイザーを身近に置くべきだと思ったり。

2010/02/19(金) 14:48:55 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック