97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
タイガー・ウッズの会見
女性問題の騒動で、公の場から姿を消していたタイガー・ウッズが3ヶ月ぶりに会見。

会見は西海岸時間では朝だったので生では見られず、タイガー・ウッズが会見のニュースに掲載されたビデオで約14分の会見を見た。

英国のブックメーカーはすでに、夫人が同席するかどうか、会見で離婚を発表するかどうか、ウッズが引退発表するかどうか(これはさすがに当ったら100倍というが)などについてのオッズを発表していたのだが、目新しい話はあまり無し。

以前、なぜ妻達は、夫の横に立つかで書いたが、この手の会見の場合、割と奥さんが立ち会うことも多い。たとえ許してなくとも、夫の社会的復帰にはそのほうが得策だから。しかし、今回、Elin夫人は姿を見せていない。まあ、もともと家族をメディアにさらすことをウッズは嫌ったようだから、そのせいかもしれないのだが、まだ怒りが収まってないとも取れる。

この会見では、一切質問を拒否ということで、ステイトメントを読んだだけだから、その点はまだ謎を呼ぶのであった。

反省の弁を何度も述べるのは不思議ではないが、「事故を起こしたあの日も、他の日も、一度も妻に殴られたことはないし、家庭内暴力は一切なかった」としきりに強調した部分は、若干奇異な感もあった。

確かに、すべての発端となった深夜の自動車事故の日、怒り狂った奥さんにゴルフクラブで殴られそうになって、あわてて逃げたから事故になったとの噂が根強くある。

あれは奥さんに、「私はあなたを殴ったことなんかないって、それだけはキチンと言っときなさいよ!」と相当きつく叱られてるのではないか。ウッズの奥さんは美人だが、実に気が強そうで怖そうだからなあ。いやまあ、余計なお世話だが(笑)

そうそう、自分はブッディストだと語ってたのもちょっとビックリ。まあ、母親がタイ出身であるから、そちらの影響なのかもしれないが、知らなかったねえ。

あとは、「いつか競技に戻りたいが、その日がいつになるかは分からない」というのが実にさびしいコメント。ウッズがいないとメジャーの大会など、やはり興味が半減する。遠くない日にゴルフコースで、ウッズの雄姿をまた見たいものだが。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック