FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
もうすっかり春の陽気
このところ、朝の出勤時の気温は、毎日判で押したように50度Fなのだが、日中は70度の半ばまで上がり、実にのどかな気候。

日曜に写真を撮った時には、まだ若干つぼみが残っていた、レストラン・モールにある桜と思しい木だが、本日のランチに行った時に見ると、ほぼ満開。

10032401.jpg


10032402.jpg 10032403.jpg

この辺りでは、確かに一番日本の桜に似てるのだが、開花の勢いと密度が凄い。日本の場合、桜の開花と共に不思議と雨が降ったり風が吹いたりするが、こちらはもうそろそろ冬の雨季を脱して、これからはずっと乾燥した気候が続くはず。

しかし、いつの間にか、もうすっかり春の陽気だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
羨ましいですねぇ。大阪は今日から真冬並みの寒さに逆戻り。開花宣言が出たばかりの桜も凍えています。花冷えとも言ってられない寒の戻りです。この寒さ,しばらく続くとか。満開も結局,平年並みになるのかなぁ。
2010/03/25(木) 19:55:58 | URL | Jack #3v1sqfKU[ 編集]
>Jack様

桜の季節というのは、やはり例年不安定な天候の時期でもありますよねえ。真冬並みに逆戻りとは大変ですね。ご自愛のほどを。

もう降らないと思ってたら、なぜか当地も今朝は雨になってしまいました。
2010/03/26(金) 00:28:50 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
いいですね、桜。
私の住んでるところには桜がないので何となく寂しい。そのかわり、近くに3月~11月までの期間限定でアイスクリーム屋が開店するのですが、開店日には長蛇の列ができます。したがって、このあたりの人たちは、そこが開店すると「春が来た」ってしみじみ思うんだとか(笑)   ずいぶん暖かくなって来ましたが、今日は寒かったです。
2010/03/26(金) 11:09:34 | URL | あのん #-[ 編集]
>あのん様

アイスクリーム屋の開店で知る春というのも、なかなか風情ありますねえ。

お店の人は、冬の間は別の商売でもしておられるのでしょうか。
2010/03/26(金) 12:00:40 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
そのアイスクリーム屋さんは2店舗あって、実は50キロほど離れた、イリノイ大学などがある学生の街に本店があります。どうやら本店は1年中開店してるようなので、冬の間の売り上げはそこでカバーしているようです。しかし、こちらの支店の従業員さん
(小さいお店なのにいつも4、5人いる)
は冬の間はどうしているのか、という疑問が・・・(笑)
本店も同じ佇まいの、小さなお店なので冬の間は本店で働く、というのは考えづらいし・・・。 不思議なお店です。

桜のお話とは関係ない上に、長々と失礼致しました。
2010/03/27(土) 04:06:14 | URL | せな #-[ 編集]
あ、すみません名前を間違えました。
あのんです。
2010/03/27(土) 04:07:39 | URL | 荒らしの通りすが #-[ 編集]
名前のところを空欄のまま投稿したところ、名前の表示が 荒らしの通りすがり になってしまいました。大変失礼致しました。
2010/03/27(土) 04:16:49 | URL | あのん #-[ 編集]
>あのん様

fc2のブログでは、名前空欄にした際のデフォルトを自分で設定できることになってまして、この名前が「荒しの通りすがり」となってたのでした。

私自身も、なんでそんな設定にしたのか覚えてないのですが(笑)、ひょっとして驚かせてしまったとしたら、これはどうも失礼いたしました。

イリノイで冬場にアイスクリーム屋をやるというのは、実にチャレンジングですねえ。カリフォルニアでしたら、まあ年中でも商売になるでしょうが。しかし、支店の人は冬どうしてるのでしょうか。確かに不思議です。

シカゴ郊外で、夏場にゴルフ場の整備やってるような人達は、冬場は除雪の仕事で食ってるのだと聞きましたが、まあ、寒暖の差が厳しいところは大変ですね。

しかし、春から初夏、あの緑が燃え立つように木々に戻ってくる復活の風景は、何度経験しても素晴らしいものでした。

2010/03/27(土) 08:22:24 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
あ、そうだったのですか。ちょっと驚きました(笑)でも大丈夫です、有難うございます。
2010/03/27(土) 23:52:12 | URL | あのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック