97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
やはり花粉のせいかもしれない
この週末は、特段の予定なく、土日とも午前中はゴルフの練習に行ってから、ランニング4マイル。

体調はよいのだが、朝起きた時の鼻の調子がどうもよろしくない。やはり花粉症だろうか。このあたりではスギ花粉は無いはずだが、そもそもブタクサはアメリカが本場。その他、あちこちで花も咲き出している。

佐藤優によると、ロシアに外交官として赴任すると、みんな花粉症が無くなって喜ぶ。しかし3年経つと、ロシアの植物に対する免疫ができて、やはり花粉症になるのだと。

アメリカに再赴任した際は、確かに花粉症はほとんど気にならなかった。西海岸に引っ越して、昨年までもあまり気にならなかったのだが、なんらかの閾値を超えて、いよいよ花粉症が発動したのだろうか。

まあ、日本での症状ほどひどくはないのが救いだが。しかし、ここ4年ほど日本のスギ花粉には触れてない訳で、日本に帰国したら花粉症の症状が軽減したりしないかねえ。そうだと嬉しいのだが。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
駐在に行く前、花粉症とは無縁で周りが苦しんでるのを「お気の毒に・・」って感じだったのですが、駐在2年目に突然ゴルフ場で鼻水が止まらなくなって目が痒くなって・・

まさに閾値を超えた瞬間でした・・以来、毎年苦しめられてます(笑)。

帰国してからの方が重くなりましたよ・・・・って脅かしてみる(笑)。
2010/03/30(火) 11:38:16 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
>taka様

アメリカに来てしばらくは、花粉症無くていいなあ、なんて思ってたのですが、やはりこちらも草花の花粉がたくさん舞ってるのですよねえ。

なんでも年取ると、花粉症は出なくなって、それは身体の免疫機能が衰えるからなんだそうですが、嬉しいような嬉しくないような(笑)
2010/03/31(水) 02:32:20 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック